[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、相手打者のバット破壊に取った行動に米反響「なんてピュア」「礼儀正しいね」

20日(日本時間21日)の敵地アストロズ戦で今季初勝利を挙げた米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手。6回1安打無失点で自己最多タイ12三振を奪う快投だったが、この試合で大谷が三振した相手打者の“バット破壊”で思わず固まるハプニングが話題に。その後の対応を含め、ファンから「なんてピュア」「礼儀正しいね」などの声が上がっている。

今季初勝利を挙げた大谷翔平【写真:AP】
今季初勝利を挙げた大谷翔平【写真:AP】

三振した相手打者がバットを叩きつけ、思わず固まるハプニング

 20日(日本時間21日)の敵地アストロズ戦で今季初勝利を挙げた米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手。6回1安打無失点で自己最多タイ12三振を奪う快投だったが、この試合で大谷が三振した相手打者の“バット破壊”で思わず固まるハプニングが話題に。その後の対応を含め、ファンから「なんてピュア」「礼儀正しいね」などの声が上がっている。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 大谷のあまりのキレ味に打者のフラストレーションが爆発した。初回1死で対戦したブラントリーは追い込まれ、低めのスプリットに思わず手が出た。ベース付近でワンバウンドし、見送ればボールだったが、ここは大谷に軍配。そして、次の瞬間だ。ブラットリーは悔しさをぶつけるようにバットをグラウンドに叩きつけると、バットが折れ、破片が飛んだ。

 すると、大谷は驚いたように固まった。しかし、すぐに意識を向けたのは打席付近に落ちたバットの破片。すぐさま指さして片づけるようにアピールした。この一幕は米国でもツイッター上で話題に。

 大谷好きで知られる米スポーツ専門局「FOXスポーツ」のアナリスト、ベン・バーランダー氏は「ショウヘイ・オオタニのエグいスプリット。そして、欠けたバットの破片をすごく気にする」、「ピッチングニンジャ」の愛称で知られる米投球分析家ロブ・フリードマン氏も「ショウヘイ・オオタニのヤバい90マイル(約145キロ)のスプリット。ショウヘイはブラントリーがバットを欠けさせた時に、立ち止まりじっと見つめた」と紹介した。

 大谷の振る舞いに対し、米ファンからは両者の返信欄で「世界にはもっとオオタニが必要」「オオタニらしいね」「なんてピュアな人間なの」「誰かが拾わなきゃ?」「礼儀正しいね」、一方で怒りを露わにしたブラントリーに対しても「ブラントリーらしくないな」「怒ってるね」「ごみは拾いましょう!」などの声が上がり、視線を集めていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集