[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

2.3kgオーバーの世界戦、当日計量パスなら強行開催 不利な王者を陣営が1時間説得

ボクシングのWBO世界ミニマム級(47.6キロ以下)タイトルマッチが22日、東京・後楽園ホールで行われる。21日は神奈川・横浜市内のホテルで前日計量が行われ、初防衛を狙う王者・谷口将隆(ワタナベ)は47.6キロでパスしたが、世界初挑戦の同級5位・石澤開(M.T)は50.1キロで体重超過。再計量も49.9キロでクリアできなかった。戦績は28歳の谷口が15勝(10KO)3敗、25歳の石澤が10勝(9KO)1敗。

体重超過を犯し、呆然とする石澤開【写真:浜田洋平】
体重超過を犯し、呆然とする石澤開【写真:浜田洋平】

WBO世界ミニマム級タイトルマッチ前日計量

 ボクシングのWBO世界ミニマム級(47.6キロ以下)タイトルマッチが22日、東京・後楽園ホールで行われる。21日は神奈川・横浜市内のホテルで前日計量が行われ、初防衛を狙う王者・谷口将隆(ワタナベ)は47.6キロでパスしたが、世界初挑戦の同級5位・石澤開(M.T)は50.1キロで体重超過。再計量も49.9キロでクリアできなかった。戦績は28歳の谷口が15勝(10KO)3敗、25歳の石澤が10勝(9KO)1敗。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 石澤がクリアできなかった。計量台に乗ったものの、なかなかクリアがコールされず。関係者、谷口陣営の渡辺均会長らがざわつく中、数十秒後に読み上げられた体重は「50.1キロ」。2.5キロもオーバーする失態に会場は騒然とした。世界戦で日本人が体重超過を犯したのは、2018年4月のWBC世界フライ級王者・比嘉大吾以来2人目。石澤は2時間後の再計量でも0.2キロ落とした49.9キロ(2.3キロ超過)でパスできなかった。

 WBA、WBC、IBFのルールでは、王者が体重超過した相手に負けても王座陥落にはならない。しかし、今回のWBOではタイトルマッチにするか、ノンタイトルマッチにするか、試合中止かを両陣営らで話し合って決める。再計量の結果、今回はタイトルマッチとすることになったが、22日午後5時半の当日計量で石澤がリミットから3キロ以内(50.6キロ)に収めれば開催。当初のリミットを下回ることはないが、強行開催となる。

 石澤が当日計量をクリアできなければ試合中止。試合が行われた場合、谷口が石澤に負けると王座は空位となる。

 協議を終えた両陣営の会長は取材対応。石澤陣営の高城正宏会長は当日計量をリミットの+4キロで打診したが、ワタナベジムの渡辺均会長は「谷口も試合をやりたい気持ちがあるが、当日計量で4キロオーバーは嫌だと言っていた」と王者の主張を理解し、+3キロで落ち着いたという。

 計量直後の谷口は開催に前向きな発言をしたが、徐々に心境が変化。不利な状況に後ろ向きになり、ワタナベジムの深町信治マネージャーは1時間にわたって谷口を説得した。谷口も強い口調だったとのことだが、「世界戦で協賛もいるし、チケットを買ってくれた人もいる。後援者もいる」と投げかけ。谷口は21日のうちに石澤が最初の計量から1キロを落とし、当日計量はリミットの3キロ以内であることを求めたという。

 同マネージャーは「ボクシング面(公平性と安全性)のことだけをみると、やるべきではない。ただ、悔しい部分もあるけど、場を用意してもらっているので」と複雑な胸の内を説明。「もし負けてタイトルを失った場合、会長が必ず再挑戦のチャンスをつくると約束した。最終的には本人(谷口)も納得してくれた」と明かした。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集