[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、パーフェクト投球中の一幕 投手らしくないと話題「奇妙でクール」「完璧」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は20日(日本時間21日)、敵地アストロズ戦に「1番・投手兼DH」で先発出場。投げては6回1安打無失点、自己最多タイ12奪三振の好投で、今季初勝利をあげた。6回途中までパーフェクト投球を継続したが、米記者はそんなマウンド上での変わった姿に注目。米ファンからは「リトルリーグみたい」「クールな光景」とコメントが書き込まれた。

アストロズ戦で6回1安打無失点、12奪三振で今季初勝利を挙げたエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
アストロズ戦で6回1安打無失点、12奪三振で今季初勝利を挙げたエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

初回に早くも泥だらけ…米記者「色褪せない」

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は20日(日本時間21日)、敵地アストロズ戦に「1番・投手兼DH」で先発出場。投げては6回1安打無失点、自己最多タイ12奪三振の好投で、今季初勝利をあげた。6回途中までパーフェクト投球を継続したが、米記者はそんなマウンド上での変わった姿に注目。米ファンからは「リトルリーグみたい」「クールな光景」とコメントが書き込まれた。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 大谷ならではの姿だった。初回表の攻撃、先頭打者で四球を選ぶと、牽制球で頭から一塁へ帰塁。その後に先制のホームを踏み、打者一巡の猛攻でこの回に第2打席も回ってきた。左翼フェンス直撃の2点二塁打でまたも出塁。猛攻が終わり、初回のマウンドに上がった大谷は、綺麗なユニホームをまとった他の先発投手とは違い、泥だらけのユニホームだった。

 この後、鋭いスライダー、スプリットを駆使して6回途中までパーフェクト投球を披露。米スポーツ専門局「ESPN」のアルデン・ゴンサレス記者は、完全試合継続中の大谷の画像をツイッターに投稿し「ショウヘイ・オオタニがパーフェクトを続けているが、ユニホームは走塁で泥がついている。色褪せないね」と脚光を浴びせた。

 米ファンからは「その通り」「リトルリーグみたいだ」「MLBで唯一打っている投手がア・リーグにいるのがいまだに変な感じ」「彼は完璧よ」「奇妙でクールな光景だよね」「俺も同じこと思った」「レジェンドだ」などとコメントが集まっていた。大谷は打っても4打数2安打2打点1四球と活躍。チームの6-0の勝利に貢献した。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集