[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、2戦連発で「燃え上がってきた!」 MLB公式も熱狂した3号は「レベル違う」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は16日(日本時間17日)、敵地レンジャーズ戦に「1番・指名打者」で先発し、2試合連続3号2ランを放つなど5打数2安打3打点で7-2の勝利に貢献した。MLB公式は動画を公開。「燃え上がってきた!」とつづると、米ファンを「研究所で造られた人間」と熱くさせた。

エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

大谷翔平が2戦連続3号2ラン

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は16日(日本時間17日)、敵地レンジャーズ戦に「1番・指名打者」で先発し、2試合連続3号2ランを放つなど5打数2安打3打点で7-2の勝利に貢献した。MLB公式は動画を公開。「燃え上がってきた!」とつづると、米ファンを「研究所で造られた人間」と熱くさせた。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 連日の一撃だ。4-2の8回2死二塁。大谷は初球の真ん中低めカーブをすくいあげた。低い弾道ながらグングンと伸びる打球は、右中間のフェンスを越える3号2ラン。戻ってきたベンチではカウボーイハットを被ってノリノリ。ナインとハイタッチを交わして喜んだ。MLB公式サイトによると、打球速度108マイル(約173.8キロ)だった。

 MLB公式ツイッターは動画を公開し、文面に「ショウヘイ・オオタニが燃え上がってきた! 2試合で3本目」と熱狂した様子。米ファンも「研究所で造られた人間」「この男はレベルが違う」「ショウの弾丸より良いものはない」「なんというプレイヤー」「再びMVPだな」「ショウヘイのカウボーイ姿見られて嬉しい」といったコメントが相次いでいる。

 大谷は今季自己ワーストの開幕7戦、30打席ノーアーチだったが、15日(同16日)の同戦で初回先頭打者初球を右中間に運び、今季1号を放った。5回にも右越え2号2ラン。5打数2安打3打点で勝利に貢献していた。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集