[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、大物シーガーも手が出る高速スプリットに米スカウト「打つのが難しい理由」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は14日(日本時間15日)、敵地レンジャーズ戦に「1番・投手兼DH」で今季2度目の投打同時出場。初回にピンチを招くも、相手の3番コーリー・シーガー内野手を得意のスプリットで空振り三振に仕留めるなど、無失点で終えた。MLBの元スカウトも「オオタニを打つのが難しい理由」と注目していた。

レンジャーズ戦に出場しているエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
レンジャーズ戦に出場しているエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

初回ピンチ凌ぐも…2回に満塁弾浴びる

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は14日(日本時間15日)、敵地レンジャーズ戦に「1番・投手兼DH」で今季2度目の投打同時出場。初回にピンチを招くも、相手の3番コーリー・シーガー内野手を得意のスプリットで空振り三振に仕留めるなど、無失点で終えた。MLBの元スカウトも「オオタニを打つのが難しい理由」と注目していた。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 得意のスプリットで大物を仕留めた。初回、味方のエラーと自身の暴投で1死三塁のピンチを迎える。打席にはドジャースから移籍してきたシーガーだ。カウント1-2と追い込むと、最後は外角90マイル(約144.8キロ)のスプリット。最後は完全に外角低めのボールゾーンだったが、シーガーも思わず手が出て空振り三振となった。

 直後に元アストロズとマリナーズのスカウトで米誌「フォーブス」などに寄稿するバーニー・プレスコフ氏は自身のツイッターを更新。「99マイルの速球と88-89マイルのスプリット。これがオオタニを打つのが難しい理由。持ち球的に肘と腕が心配だが、今のところ…彼は素晴らしい」と記した。

 米カリフォルニア州地元局「バリースポーツ・ウェスト」公式ツイッターは実際の映像を公開し「彼の技を見せつけ、初回ですでに2奪三振」と脚光。「ピッチングニンジャ」の愛称で知られる米投球分析家ロブ・フリードマン氏も「ショウヘイ・オオタニのえげつない90マイルのスプリット」と記し、「彼はこれ本当に上手いよね」「シーガーを手玉に取った」などと米ファンのコメントが書き込まれていた。

 初回のピンチを脱した大谷だったが、2回1死からハイムに右越えの満塁弾を浴び、2-4と逆転を許してしまった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集