[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平にいきなり援護点 トラウト特大143m弾を米記者速報「球場で史上最長弾だ」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は14日(日本時間15日)、敵地レンジャーズ戦に「1番・投手兼DH」で今季2度目の投打同時出場。初回の第1打席では見逃し三振に倒れたが、続く2番のマイク・トラウト外野手が先制2号ソロを放った。飛距離472フィート(約143メートル)の特大弾。米記者も「どセンターにぶちかました」と速報している。

先制2号ソロを放ち、ベンチで祝福されるエンゼルスのマイク・トラウト【写真:AP】
先制2号ソロを放ち、ベンチで祝福されるエンゼルスのマイク・トラウト【写真:AP】

大谷は「1番・投手兼DH」で先発出場

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は14日(日本時間15日)、敵地レンジャーズ戦に「1番・投手兼DH」で今季2度目の投打同時出場。初回の第1打席では見逃し三振に倒れたが、続く2番のマイク・トラウト外野手が先制2号ソロを放った。飛距離472フィート(約143メートル)の特大弾。米記者も「どセンターにぶちかました」と速報している。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 先頭打者の大谷が見逃し三振に倒れた直後だった。初回1死、トラウトは相手先発ダニングの投球を強振。センター方向に強烈な打球をかっ飛ばし、今季2号ソロとなった。飛距離はなんと143メートル。特大の一撃で、先発マウンドに上がる前の大谷を援護した。

 MLB公式サイトのエンゼルス番レット・ボリンジャー記者は自身のツイッターで「Wow。マイク・トラウトが2号をどセンターにぶちかました。472フィート弾だ」と速報した。

 またMLB公式サイトのレンジャーズ番ケネディ・ランドリー記者は「マイク・トラウトの472フィート弾は、グローバルライフ・フィールド史上最長弾に並んだ。並んだ唯一の本塁打は昨季のアスレチックスのセス・ブラウンだ」と紹介。球場の最長飛距離記録に並んだと伝えていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集