[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

鈴木誠也、また打った10打点目の技あり二塁打に米熱狂「俺たちはスターを手にした」

米大リーグ・カブスの鈴木誠也外野手は14日(日本時間15日)、ロッキーズ戦に「5番・右翼」で先発出場。1回に左中間へ適時二塁打を放ち、今季10打点目を記録した。これで開幕から6試合連続安打。止まらないルーキーに米ファンからは「セイヤは神だ」「安打製造機だ」と称賛の声が続出している。

1回、左中間へ適時二塁打を放ったカブスの鈴木誠也【写真:AP】
1回、左中間へ適時二塁打を放ったカブスの鈴木誠也【写真:AP】

ロッキーズ戦初回に適時二塁打

 米大リーグ・カブスの鈴木誠也外野手は14日(日本時間15日)、ロッキーズ戦に「5番・右翼」で先発出場。1回に左中間へ適時二塁打を放ち、今季10打点目を記録した。これで開幕から6試合連続安打。止まらないルーキーに米ファンからは「セイヤは神だ」「安打製造機だ」と称賛の声が続出している。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 また鈴木が見事な打撃を披露した。2点をリードした初回1死三塁の第1打席、カウント2-1から左腕カイル・フリーランドが投じたスライダーを捉えた。内角へ食い込んでくるような85マイル(約136キロ)の厳しい球だったが、上手くさばいて左中間へ。適時二塁打で今季10打点目を記録した。

 カブス公式ツイッターは文面に「セイヤが今季10打点目を記録!」と記して実際の映像を公開。米ファンからは「いいぞー」「セイヤは神だ」「彼は止まらないね」「安打製造機だ」「俺たちはスターを手に入れたぞ」「NPB首位打者2度には理由がある!」と熱狂の声が上がっている。

 ロックアウトの影響で移籍が3月18日(同19日)と遅れたものの、開幕から3本塁打を記録するなど早くも打撃力を発揮している。この試合、鈴木は4打数1安打1打点。今季ここまで打率.368、3本塁打、10打点となった。カブスは5-2で勝利している。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集