[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平同僚、またやった痛恨エラーに米辛辣「目も当てられない」「先発で使えない」

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は12日(日本時間13日)、本拠地マーリンズ戦に「1番・指名打者」で先発し、4打数1安打3三振でチームは4-3のサヨナラ勝ちを収めた。劇的勝利に沸いた一方、味方の守備ではまさかの失策が生まれた。米メディアが動画を公開。米記者は「スタメンでは使えない」と辛辣だった。

エンゼルスのジョー・アデル【写真:Getty Images】
エンゼルスのジョー・アデル【写真:Getty Images】

アデルの打球処理に米記者厳しい評価

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は12日(日本時間13日)、本拠地マーリンズ戦に「1番・指名打者」で先発し、4打数1安打3三振でチームは4-3のサヨナラ勝ちを収めた。劇的勝利に沸いた一方、味方の守備ではまさかの失策が生まれた。米メディアが動画を公開。米記者は「スタメンでは使えない」と辛辣だった。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 痛恨の失策だった。0-0の3回2死一塁。相手打者が右翼前に安打を放った。打球処理に走ったのはジョー・アデル。正面に転がってきたなんでもない打球を捕ろうと前に走り込み、グラブを差し出したが、そのまま後逸してしまった。転々とするボールを慌てて追う間に、一塁走者が生還。先制点を献上した。

 米メディアは動画を公開し、米記者もツイッターで反応した。米スポーツ専門局「CBSスポーツ」のフランク・スタンプル記者は「教えてあげよう。ジョー・アデルはゴロ処理をミスしたことで先制点を献上。これじゃスタメンでは使えないよ」と厳しい評価。AP通信のグレッグ・ビーチャム記者は「ジョー・アデルはイージーな打球処理を誤った。マーリンズは先制。目も当てられない」とお手上げの様子だった。

 米地元紙「オレンジカウンティ・レジスター」の元記者、ブレイク・アーサー氏は「アデルはリーグで最も浮き沈みの激しい選手かもしれない。あるときはMVP級の活躍をするが、あるときは他の選手が決してやらないようなミスをする」とつづった。アデルは左翼で出場した7日(同8日)の開幕戦でも本塁と一塁の中間付近へ“珍送球”をしていた。

 この試合前まで13打数2安打、打率.154。この日も2打数無安打で7回の第3打席に代打を送られた。チームは劇的サヨナラ勝ちで2連勝。勝って事なきを得たが、長いシーズンでは守備の穴も埋める必要がありそうだ。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集