[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

村田諒太戦で来日 海外リングアナは日本人に感銘「素晴らしい土地にさらに恋をする」

9日に行われたボクシングのWBAスーパー・IBF世界ミドル級王座統一戦(さいたまスーパーアリーナ)は、IBF王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)が激闘の末にWBAスーパー王者・村田諒太(帝拳)を9回TKOで下し、王座統一した。この試合のために来日していた海外リングアナウンサーは「ここの人々の親切は驚異的です」と日本語で思い出をつづっている。

村田VSゴロフキン戦でリングアナウンサーを務めたレイ・フローレス氏(左奥)【写真:荒川祐史】
村田VSゴロフキン戦でリングアナウンサーを務めたレイ・フローレス氏(左奥)【写真:荒川祐史】

リングアナのレイ・フローレス氏が日本語で想いつづる

 9日に行われたボクシングのWBAスーパー・IBF世界ミドル級王座統一戦(さいたまスーパーアリーナ)は、IBF王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)が激闘の末にWBAスーパー王者・村田諒太(帝拳)を9回TKOで下し、王座統一した。この試合のために来日していた海外リングアナウンサーは「ここの人々の親切は驚異的です」と日本語で思い出をつづっている。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 激闘が繰り広げられたさいたまスーパーアリーナ。王座統一を懸けた両者の姿が見る者を魅了したが、この試合を盛り上げたのは村田とゴロフキンだけではない。リングアナウンサーを担当したレイ・フローレス氏もその1人だ。

 同氏はワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)の各試合でもリングアナを務め、2019年11月にさいたまスーパーアリーナで行われたバンタム級決勝の井上尚弥―ノニト・ドネア戦でも来日した。米興行大手「プレミア・ボクシング・チャンピオンズ(PBC)」などの海外興行で売り出し中のリングアナだ。今回は試合翌日の10日、ツイッターを更新。東京の夜景を公開しながら、今回の来日で実感したことを、日本語でこう振り返っている。

「これは私の日本への3回目の旅行であり、私がこの素晴らしい土地にさらに恋をするたびに。ここの人々からの親切は驚異的です。GGGと村田の激しい戦いを見た。ここにいるすべてのファイトファンにあなたの情熱をありがとう。すぐに戻ってくることを願っています。日本は決して変わらない」(原文ママ)

 村田とゴロフキンの戦いに感銘を受けただけでなく、日本という土地にも心を打たれたようだ。特に日本の人々の親切に対しては「驚異的です」とつづっている。この投稿に対して、日本人ファンも反応。「あなたのリングアナウンスが世界一」「あなたのコールは美しい」「また日本に来てください」などと好意的なコメントを寄せていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集