[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

鈴木誠也の豪快3ラン 心酔した米編集者が“出費”決意「3試合目だけどもう十分だ」

米大リーグ・カブスの鈴木誠也外野手は10日(日本時間11日)、本拠地ブルワーズ戦に「5番・右翼」で先発出場。初回にメジャー第1号となる3点本塁打を放つなど、3打数1安打3打点1四球だった。この試合で先発した同僚右腕、マーカス・ストローマンは鈴木の第1号に対して「最もスムーズなスイング!」と称賛している。

初回にメジャー第1号となる3点本塁打を放ったカブスの鈴木誠也【写真:AP】
初回にメジャー第1号となる3点本塁打を放ったカブスの鈴木誠也【写真:AP】

ブルワーズ戦で1号3ランを放つ

 米大リーグ・カブスの鈴木誠也外野手は10日(日本時間11日)、本拠地ブルワーズ戦に「5番・右翼」で先発出場。初回にメジャー第1号となる3点本塁打を放つなど、3打数1安打3打点1四球だった。この試合で先発した同僚右腕、マーカス・ストローマンは鈴木の第1号に対して「最もスムーズなスイング!」と称賛している。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 待望の一発が生まれた。初回2死一、二塁で迎えた第1打席。鈴木はカウント3-1から甘く入った変化球を叩き、左中間席へ運んだ。ホームの大歓声を浴びながら、ダイヤモンドを一周。チームに先制点をもたらした。

 豪快弾には同僚選手、米メディアもツイッターで続々と反応している。この試合に先発した通算61勝のストローマンは試合後、自身のツイッターで鈴木の本塁打映像を引用し「最もスムーズなスイング!」と記して称賛した。また米紙「ニューヨークポスト」デジタルスポーツ部の編集者、ジェレミー・レイトン氏は「分かった。3試合目だけどもうこれで十分。セイヤ・スズキのユニを買う」と呟き、日本人ルーキーに心酔している様子だ。

 興味深いデータも紹介された。鈴木は3ランを放った打席で、ちょうど開幕から10打席に到達。米メディア「ザ・ゲームデイ」のMLB公式ツイッターは「セイヤ・スズキはここまで46球を投じられた。その中で、空振りしたのはわずか1球だけだ。ルーキーがそんなものを見せてくれるのはなかなかない」と対応力に驚いていた。チームは4-5で惜敗。鈴木は開幕3戦を終えて打率.375、6打点と上々の数字を残している。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集