[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

村田諒太へ“ベルト返還” ゴロフキンの敬意溢れる労いにファン感激「涙止まらない」

9日に行われたボクシングのWBAスーパー・IBF世界ミドル級王座統一戦(さいたまスーパーアリーナ)は、IBF王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)がWBAスーパー王者・村田諒太(帝拳)を9回2分11秒TKOで下し、王座統一を果たした。激闘を終えて間もなく、ゴロフキンは村田の控室を訪問。粋な計らいをしていたことを海外記者が紹介すると、「素晴らしいスポーツマンシップを示した」などとボクシングファンの涙を誘っている。

熱戦を繰り広げた村田諒太(右)とゲンナジー・ゴロフキン【写真:荒川祐史】
熱戦を繰り広げた村田諒太(右)とゲンナジー・ゴロフキン【写真:荒川祐史】

ゴロフキンは王座統一に成功

 9日に行われたボクシングのWBAスーパー・IBF世界ミドル級王座統一戦(さいたまスーパーアリーナ)は、IBF王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)がWBAスーパー王者・村田諒太(帝拳)を9回2分11秒TKOで下し、王座統一を果たした。激闘を終えて間もなく、ゴロフキンは村田の控室を訪問。粋な計らいをしていたことを海外記者が紹介すると、「素晴らしいスポーツマンシップを示した」などとボクシングファンの涙を誘っている。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 最初から最後まで、村田への敬意に溢れていた。9回まで激しく打ち合ったゴロフキン。リング上では自らのガウンを村田にプレゼントしたが、試合後は村田の控室にも訪問していた。ノックをして扉を開くと、日本の関係者も「ゴロフキンさん…来ました」と一瞬ビックリ。手にはベルトを持っており「ハイ、リョウタ。これは一生あなたのベルトです」と村田にベルトを手渡した。

 まだゴロフキンにもらったガウンを着ていた村田。ベルトを受け取り、ハグを交わして再び激闘を称え合った。英ラジオ局「トークスポーツ」のマイケル・ベンソン記者は自らのツイッターに映像を公開し「試合後のゴロフキンがムラタを訪れて、ベルトを返還した」と紹介した。

 これには海外ファンからも「ゴロフキンを愛せざるをえない」「真のチャンピオンだ」「彼の振舞いはプライスレス」「永遠にGGGのファンだ」「ゴロフキンを嫌いになれる?」「本当にクール」「素晴らしいスポーツマンシップを示した」などと2人の関係を称賛するコメントが多数届いたほか、日本のファンからも「紳士な行動に涙が止まらない」「一生友でいられるだろう」などと反響が集まっていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集