[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平も天を仰いだ三振判定に米ファン反応さまざま「良い判定」「私は議論したい」

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は9日(日本時間10日)、本拠地アストロズ戦に「1番・指名打者」で先発出場。メジャーを代表する通算226勝右腕ジャスティン・バーランダー投手に対し、3打席連続三振を喫するなど、4打数無安打だった。第2、3打席は際どい内角球を見送ったが、三振の判定に。この2つの三振を巡って、米国ではさまざまな声が上がっている。

バーランダーに3打席連続三振を喫し、ベンチに戻る大谷翔平【写真:AP】
バーランダーに3打席連続三振を喫し、ベンチに戻る大谷翔平【写真:AP】

バーランダーから3打席連続三振、うち2つは際どい判定に

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は9日(日本時間10日)、本拠地アストロズ戦に「1番・指名打者」で先発出場。メジャーを代表する通算226勝右腕ジャスティン・バーランダー投手に対し、3打席連続三振を喫するなど、4打数無安打だった。第2、3打席は際どい内角球を見送ったが、三振の判定に。この2つの三振を巡って、米国ではさまざまな声が上がっている。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 大谷も思わず天を仰いだ。3回2死の第2打席、大谷はカウント1-2から内角低めのスライダーを見送ったが、判定はストライク。苦笑いを浮かべ、手を横に振った。さらに5回1死二、三塁の第3打席もフルカウントから内角直球を見送るも見逃し三振の判定。確かに際どいコースではあるが、納得がいかない本拠地のファンからはブーイングが沸き起こった。

 この2打席をクローズアップしたのが、米地元紙「オレンジカウンティ・レジスター」のエンゼルス番のジェフ・フレッチャー記者だ。自身のツイッターに投球チャート図を掲載。第2打席については「ショウヘイ・オオタニが嫌がった3つ目のストライク」とし、投球がストライクゾーンをギリギリかすめていることを伝えた。米ファンからは「残念ながらいいボールだし、良い判定だった」「振らずにはいられないほどのいい球」とバーランダーと判定を支持する声が上がった。

 しかし、第3打席について、フレッチャー記者は「オオタニ。このゾーン内であればストライク。これ以上なくギリギリだ。取るにはあまりにも際どく、そして議論するにもあまりにも際どい」と微妙な判定であると強調。ただし、米ファンからはやはりバーランダーの投球を称える一方で「私は議論したいけどな」「素晴らしい球。1球目はボールだったとしても」「2球目はボールだよ」と不満の声も上がっていた。

 バーランダーは2020年にトミー・ジョン手術を受け、2年ぶりの登板だったが、5回1失点と好投。味方の援護がなく敗戦投手になったものの、150キロ超えの直球と精密なコントロールを発揮した。大谷の手が出ないほどのピッチングは圧巻だった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集