[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

愛される鈴木誠也、同僚へ粋な日本流おもてなしが米話題「美味しそう」「いいヤツだ」

米大リーグのカブス・鈴木誠也外野手が9日(日本時間10日)、本拠地ブルワーズ戦に「6番・右翼」で先発出場。メジャー初打点、初タイムリーを含む3打通1安打3打点と活躍した。その裏で、同僚たちに取った日本流おもてなしが現地で話題を呼んでいる。

カブスに加入した鈴木誠也の日本流おもてなしが話題を呼んでいる【写真:AP】 
カブスに加入した鈴木誠也の日本流おもてなしが話題を呼んでいる【写真:AP】 

日本のお菓子を差し入れ「自由に食べて! セイヤより」

 米大リーグのカブス・鈴木誠也外野手が9日(日本時間10日)、本拠地ブルワーズ戦に「6番・右翼」で先発出場。メジャー初打点、初タイムリーを含む3打通1安打3打点と活躍した。その裏で、同僚たちに取った日本流おもてなしが現地で話題を呼んでいる。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 開幕2戦目、鈴木がこの日も結果を出した。初回の第1打席でメジャー初打点となる右犠飛を放ち、3回はバットを折られながら中前へメジャー初タイムリー。4回2死満塁では押し出し四球を選び、3打点でチームの開幕2連勝に貢献した。

 一方で話題になったのは、グラウンド外の鈴木の行動だ。米地元放送局「マーキー・スポーツ・ネットワーク」のレポーター、タイラー・マクレガー氏がツイッターに「セイヤ・スズキがチームにおやつの差し入れ」と記し、1枚の写真をアップした。

 机に置かれたのは日本でお馴染みのお菓子の数々。「ポイフル」「ガルボ」「フラン」「果汁グミ」などがたくさん置かれ、「日本のお菓子です。自由に食べて! セイヤより」と英語で手書きのメッセージも添えられている。

 日本人らしい気回しに米ファンも続々反応。「おいしそう」「この選手大好き」「日本生活で最高のものの一つが日本のキャンディなんだよね」「ポッキー最高」「彼を獲得しなかったうちのチームを恨むよ」「彼はめちゃくちゃいいヤツっぽいね…」「poiful食べたい」などの声が上がった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集