[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ヤンキース人類最速左腕が投じた503回転の謎魔球に米注目「これは念力だと断言する」

米大リーグでヤンキースの人類最速左腕、アロルディス・チャプマン投手が投じた「503回転」の魔球が話題を呼んでいる。米投球分析家が紹介し、ファンからは「これは念力だと断言する」「ヤバ過ぎ」との声が上がっている。

人類最速左腕チャプマンの投じた魔球が話題を呼んでいる【写真:AP】
人類最速左腕チャプマンの投じた魔球が話題を呼んでいる【写真:AP】

チャプマンが投じた「スプリット」が不思議な変化

 米大リーグでヤンキースの人類最速左腕、アロルディス・チャプマン投手が投じた「503回転」の魔球が話題を呼んでいる。米投球分析家が紹介し、ファンからは「これは念力だと断言する」「ヤバ過ぎ」との声が上がっている。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 人類最速169キロを誇るチャプマンが変化球でファンの視線を釘付けにした。9日(日本時間10日)のレッドソックス戦の9回に登板した左腕が、先頭の右打者ダルベックを追い込み、投じた4球目。思い切り腕を振って投げた白球は、ふわりと浮き上がるような軌道を描き、打者の手元で落ちた。不思議な変化だったのか、打者のバットは空を切り、捕手はストライクゾーンだったが、掴み損ねてボールを落とした。

 MLB公式サイトの速報によると、「スプリット」と表示されているが、ナックルのようにも映る。「ピッチングニンジャ」の愛称で知られる米投球分析家ロブ・フリードマン氏は、ツイッターに「アロルディス・チャプマン、86マイル(約138キロ)のスプリット 503回転」と紹介し、実際の動画を投稿。通常、ストレートでは毎分2000回を超える回転数が、極端に少なかったことを驚きとともに伝えた。

 目撃した米ファンからは「これは念力だと断言する」「このボールを習得したのは彼にとってキャリア最高の選択だね」「ヤバ過ぎ」などの驚きの声が続々。チャプマンは1回をパーフェクトに抑え、今季2試合目で初セーブを記録した。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集