[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

佐々木朗希、完全試合の直後に届いた祝福の嵐に感謝「オーナーからも試合後すぐに…」

ロッテの佐々木朗希投手が10日、オリックス戦(ZOZOマリン)に先発し、プロ野球28年ぶりとなる完全試合を達成した。64年ぶりに日本記録を更新する13者連続奪三振、プロ野球記録タイの1試合19奪三振など、記録づくめの快投。歓喜に沸いた試合後には、多くの祝福を受け取っていた。

ロッテの佐々木朗希【写真:編集部】
ロッテの佐々木朗希【写真:編集部】

オリックス戦で完全試合&19奪三振

 ロッテの佐々木朗希投手が10日、オリックス戦(ZOZOマリン)に先発し、プロ野球28年ぶりとなる完全試合を達成した。64年ぶりに日本記録を更新する13者連続奪三振、プロ野球記録タイの1試合19奪三振など、記録づくめの快投。歓喜に沸いた試合後には、多くの祝福を受け取っていた。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 プロ野球史上でも稀に見る、圧倒的な投球を見せつけた。佐々木朗は初回2死、2年連続首位打者の吉田正尚から148キロの高速フォークで三振を奪うと、驚異的な奪三振ショーを展開。最速164キロの直球にスライダー、カーブも織り交ぜ、5回終了まで13者連続奪三振をマークした。6回先頭の紅林が中飛で記録がストップするも、1957年の梶本隆夫(阪急)、1958年の土橋正幸(東映)が記録していた「9」を4つも更新した。

 20歳の怪物はその後もオリックス打線を寄せ付けない。8回にはこの試合5度目の1イニング3奪三振を記録。最後は代打で送られた昨年の本塁打王・杉本を空振り三振に仕留め、1994年の槇原寛己(巨人)以来、史上16人目となる完全試合を達成した。20歳5か月での達成は史上最年少だった。

「ロッカーに戻ったら沢山の祝福メールやLINEなどをいただきました」と球団を通じてコメントした佐々木朗は「重光昭夫会長オーナーからも『完全試合、日本新の13者連続三振 おめでとうございます。素晴らしい投球でした』と試合後、すぐにメッセージをいただき、とても嬉しかったですし光栄でした。色々な方にこうやって祝福の言葉をいただけて、本当に幸せだなあと思います。次回登板も頑張ります」と喜んでいた。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集