[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、一瞬でフェンス到達191.7キロ二塁打に米注目「なぜ球は壊れなかったのか…」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は10日(日本時間11日)、本拠地アストロズ戦に「1番・DH」で先発出場。3回の第2打席で右翼線二塁打を放ち、4打数1安打だった。二塁打の打球速度は119.1マイル(約191.7キロ)。約3秒でフェンスに到達する強烈な打球には「なぜボールが壊れなかったのか分からない」と米国でも注目が集まっている。

3回に二塁打を放つエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
3回に二塁打を放つエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

アストロズ戦で10打席ぶり安打

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は10日(日本時間11日)、本拠地アストロズ戦に「1番・DH」で先発出場。3回の第2打席で右翼線二塁打を放ち、4打数1安打だった。二塁打の打球速度は119.1マイル(約191.7キロ)。約3秒でフェンスに到達する強烈な打球には「なぜボールが壊れなかったのか分からない」と米国でも注目が集まっている。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 10打席ぶりのヒットはあっという間にフェンスに達した。大谷は3回1死一塁の第2打席、内角高めの95マイルを強振。右翼線に物凄い速度で飛び出していったボールは、あっという間にフェンスに到達。エンタイトルツーベースとなった。打球速度119.1マイルは、自己最速の打球だった。

 実際の映像をツイッターに公開した米スポーツ専門局「FOXスポーツ」のアナリスト、ベン・バーランダー氏は「この二塁打はショウヘイ・オオタニのキャリアで最速の打球速度! 凄い!」と驚いた様子。米データ分析会社「コディファイ・ベースボール」公式ツイッターも「ショウヘイ・オオタニが彼のキャリア最速の打球速度を記録した(119.1マイル)。なぜボールが壊れなかったのか分からない」と公式ツイッターで脚光を浴びせた。

 大谷の安打はこの日1本だったが、8回の第4打席にも強烈な左直を放つなど復調の気配も感じさせた。エンゼルスは1-4で敗戦。アストロズとの開幕カードは1勝3敗で終えている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集