[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

中谷潤人が世界タイトルV2達成! 8回TKOでデビュー23連勝、村田―GGG戦前に貫録勝ち

ボクシングのWBO世界フライ級(50.8キロ以下)タイトルマッチ12回戦が9日、さいたまスーパーアリーナで開催され、王者・中谷潤人(M.T)が世界初挑戦の同級2位・山内涼太(角海老宝石)を8回TKOで下し、2度目の防衛に成功した。戦績は24歳の中谷が23勝、27歳の山内が8勝2敗。

WBO世界フライ級タイトルマッチ、8回TKOで2度目の防衛に成功した中谷潤人(左)【写真:荒川祐史】
WBO世界フライ級タイトルマッチ、8回TKOで2度目の防衛に成功した中谷潤人(左)【写真:荒川祐史】

WBO世界フライ級タイトルマッチ

 ボクシングのWBO世界フライ級(50.8キロ以下)タイトルマッチ12回戦が9日、さいたまスーパーアリーナで開催され、王者・中谷潤人(M.T)が世界初挑戦の同級2位・山内涼太(角海老宝石)を8回TKOで下し、2度目の防衛に成功した。戦績は24歳の中谷が23勝、27歳の山内が8勝2敗。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 初回から積極的に前に出た中谷は、序盤から山内を圧倒。2回終了時で山内の顔は腫れ上がった。決着は8回。なんとか粘っていた山内を仕留めたにかかった中谷はロープ際に追い込み、ラッシュをかけた。最後はレフェリーストップ。V2を達成し、右拳を突き上げた。

 中谷は昨年12月29日、同級4位クリスチャン・ゴンサレス(メキシコ)との対戦が予定されていたが、新型コロナウイルス・オミクロン株の感染拡大により実現せず。対戦相手は山内に変更となり、この日を迎えた。延期期間を生かし、動画で海外選手の技術を研究。スパーリングは177ラウンドと多めにこなし、腕を磨いてきた。

 中谷にとっては、昨年9月に米アリゾナでアンヘル・アコスタ(プエルトリコ)に4回TKO勝ちした初防衛戦以来の試合。国内開催は20年6月の同級王座決定戦(東京・後楽園ホール)以来、1年10か月ぶりだった。

 世界初挑戦となった山内は大阪・箕面東高2年時に選抜準優勝しているものの、それがアマ時代で唯一の全国大会。決勝は井上尚弥の弟・拓真に敗れた。アマチュアで目立った実績はなかったが、プロで巡ってきた千載一遇のチャンス。3月3日の会見では「世界を獲って『大穴が来たぞ』って思わせたい」と番狂わせを誓っていたが、及ばなかった。

 メインイベントではWBAスーパー・IBF世界ミドル級王座統一戦が行われ、興行規模は20億円を超える日本ボクシング史上最大の興行。WBAスーパー王者・村田諒太(帝拳)とIBF王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)が激突する。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集