[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

村田諒太戦前日に40歳誕生日のゴロフキン サプライズの日本風おもてなしに満面の笑み

ボクシングのWBAスーパー・IBF世界ミドル級(72.5キロ以下)王座統一戦は、9日にさいたまスーパーアリーナで開催される。8日は都内のホテルで前日計量が行われ、WBAスーパー王者・村田諒太(帝拳)は72.5キロ、IBF王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)は72.5キロのともにリミットでクリア。日本ボクシング史上最大のビッグマッチの舞台が整った。戦績は36歳の村田が16勝(13KO)2敗、この日40歳の誕生日を迎えたゴロフキンが41勝(36KO)1敗1分け。

誕生日を迎え、花束を受け取るゲンナジー・ゴロフキン【写真:荒川祐史】
誕生日を迎え、花束を受け取るゲンナジー・ゴロフキン【写真:荒川祐史】

村田諒太VSゴロフキンの前日計量

 ボクシングのWBAスーパー・IBF世界ミドル級(72.5キロ以下)王座統一戦は、9日にさいたまスーパーアリーナで開催される。8日は都内のホテルで前日計量が行われ、WBAスーパー王者・村田諒太(帝拳)は72.5キロ、IBF王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)は72.5キロのともにリミットでクリア。日本ボクシング史上最大のビッグマッチの舞台が整った。戦績は36歳の村田が16勝(13KO)2敗、この日40歳の誕生日を迎えたゴロフキンが41勝(36KO)1敗1分け。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 興行規模は20億円超とされている日本ボクシング史上最大のビッグマッチ。ゴロフキン、村田ともに計量に臨んだ。互いに鍛え上げられた筋骨隆々の肉体を披露。写真撮影では前日の会見と同じく、笑顔でグータッチを交わした。恒例のフェイスオフでは約17秒間にらみ合ったが、終了後は再び笑顔でグータッチ。決戦の舞台が整い、会場のムードは最高潮に達した。

 この日はゴロフキンの誕生日。バースデーソングが流れる中、主催の帝拳ジムから花束、ホテルからプレゼントが贈られると、サプライズ演出の“おもてなし”に壇上で嬉しそうな満面の笑みを浮かべながら手を振って応えた。双子のマキシム氏とともに受け取ったプレゼントの中身は浴衣と判子。判子にはカタカナとローマ字で「ゲンナジー」と刻印されているという。村田は終始笑顔で拍手を送り、対戦相手を祝福した。

 村田は2019年12月以来2年4か月ぶり、ゴロフキンは20年12月以来1年4か月ぶりの試合。昨年末の予定からコロナ禍で延期され、難しい調整を強いられた中で仕上げ切った。ゴロフキンは世界で最も層の厚いミドル級で最強を誇る歴史的選手。同級最多通算21度の防衛を果たし、そのうち17戦連続KO防衛の世界タイ記録を打ち立てた。いよいよ、9日にゴングが鳴る。

 興行はPrime Videoで独占生配信される。セミファイナルのWBO世界フライ級王者・中谷潤人(M.T)はリミット50.8キロを0.2キロ下回る50.6キロ、同級2位・山内涼太(角海老宝石)はリミット50.8キロでパス。東洋太平洋&WBOアジアパシフィックライト級タイトルマッチでは、王者・吉野修一郎(三迫)がリミット61.2キロを0.2キロ下回る61.0キロ、元WBO世界スーパーフェザー級王者・伊藤雅雪(横浜光)はリミット61.2キロでクリアした。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集