[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、唯一の失点シーンで生まれた左翼手の珍プレー 米記者「バカバカしい送球」

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は7日(日本時間8日)、本拠地アストロズ戦に「1番・投手兼DH」のリアル二刀流でスタメン出場。投手としては5回途中1失点でマウンドを降り、開幕勝利はならなかった。3回に適時打を許したが、打球を処理した左翼手のジョー・アデルがあらぬ方向に投げた送球に米記者も注目。「バカバカしい送球」などと苦言を呈している。

5回途中1失点でマウンドを降りたエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
5回途中1失点でマウンドを降りたエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

4回2/3を9奪三振1失点、3回の失点シーンでアデルの送球が話題に

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は7日(日本時間8日)、本拠地アストロズ戦に「1番・投手兼DH」のリアル二刀流でスタメン出場。投手としては5回途中1失点でマウンドを降り、開幕勝利はならなかった。3回に適時打を許したが、打球を処理した左翼手のジョー・アデルがあらぬ方向に投げた送球に米記者も注目。「バカバカしい送球」などと苦言を呈している。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 自身初のメジャーでの開幕投手を務めた大谷。強打者ホセ・アルトゥーベを3打席連続三振に奪うなど、5回途中で降板するまで9奪三振を記録した。唯一の失点は3回2死二塁の場面。3番のアレックス・ブレグマンを2-2と追い込んだが、変化球が甘く入り、左前へ適時打を許した。

 打球を処理したのが左翼手のアデル。しかし、体は本塁に向いていたが、送球は大きく左に逸れ、本塁と一塁の中間付近へ。一塁手のウォルシュが慌ててカバーに入って捕球。本塁は間に合わないタイミングに見えたが、あやうく打者走者の二塁進塁を許すところだった。

 この送球に米記者たちもツイッター上で反応した。米スポーツ専門サイト「ジ・アスレチック」などに寄稿していたブレント・マグワイア記者は実際の映像を公開。文面に「これはバカバカしい送球だ」と指摘した。
 
 米地元紙「オレンジカウンティ・レジスター」のエンゼルス番のジェフ・フレッチャー記者は実際の送球チャートを投稿。そして「これは決して良いスローではない」とつづった。

 大谷は4回2/3で降板。しかし、今季からの二刀流ルールにより、降板後も指名打者として出場を続けることができる。自らの黒星を消し、さらにチームの勝利に向けて、今度はバットに期待がかかる。

(THE ANSWER編集部)

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集