[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「ヒデキに言ってもいい?」 松山英樹夕食会、出席者を驚かせた伝説的名手の粋な行動

米男子ゴルフの今季メジャー初戦・マスターズは7日から4日間、米ジョージア州のオーガスタ・ナショナルGCで開催される。前回覇者の松山英樹(LEXUS)は5日夜の歴代チャンピオンたちによる夕食会「チャンピオンズ・ディナー」でホストを務めた。王者の仲間入りを果たした松山を往年の名手は日本語で歓迎。その堪能ぶりが出席者を驚かせた。

松山英樹【写真:AP】
松山英樹【写真:AP】

マスターズ「チャンピオンズ・ディナー」でゲイリー・プレーヤー氏が日本語披露

 米男子ゴルフの今季メジャー初戦・マスターズは7日から4日間、米ジョージア州のオーガスタ・ナショナルGCで開催される。前回覇者の松山英樹(LEXUS)は5日夜の歴代チャンピオンたちによる夕食会「チャンピオンズ・ディナー」でホストを務めた。王者の仲間入りを果たした松山を往年の名手は日本語で歓迎。その堪能ぶりが出席者を驚かせた。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

「『開いた口がふさがらなかった』ヒデキ・マツヤマがチャンピオンズディナーでゲイリー・プレーヤーに日本語で歓迎される」との見出しで記事を掲載したのは、米ジョージア州地元紙「ジ・オーガスタ・クロニクル」だった。記事によると、松山を歓迎する役割を担っていた1984年、95年王者のベン・クレンショー氏に、ゲイリー・プレーヤー氏から提案があったのだという。

 プレーヤー氏が近づいてきて、「ヒデキに日本語で何か言ってもいいかな?」と聞いてきたというクレンショー氏は「ゲイリーは我々にとって最初の国際的な王者。日本語で1分半ほどスピーチして国際的な王者として歓迎したんだよ」と説明。プレーヤー氏は出席者に対し、31回の来日経験を通じて日本語を学んだことを明かしたという。

 その堪能ぶりに腰を抜かす出席者も。71年王者のチャールズ・クーディー氏は「開いた口がふさがらなかったよ」と振り返り、「ヒデキが敬意をもって何度も頷いていたから、彼の日本語が上手かったんだと分かったんだ」と感心した様子。また、“帝王”ジャック・ニクラス氏は自身のツイッターで、メモを持参しての日本語スピーチだったことも明かしていた。

 南アフリカ出身のプレーヤー氏は61年、74年、78年のマスターズ王者で生涯グランドスラムも達成した歴史的名手。米国人以外の王者の“後輩”として、事前に日本語スピーチの準備までして松山を温かく仲間に迎え入れたようだ。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集