[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ボクシング現役世界No.1のパンチを受けた捨て身記者に海外悲鳴「私の肋骨まで痛いよ」

ボクシングのカネロこと、世界スーパーミドル級4団体王者のサウル・アルバレス(メキシコ)のパンチを味わった海外記者の体験レポートが話題となっている。米メディアの記者がGoProと腹パッドを着用し、王者の一発を実際に受けた。対戦相手視点の光景に米ファンからは「私も痛みを感じた」「腕の動きが凄い」などと反響が集まっている。

ボクシングのカネロことサウル・アルバレス【写真:AP】
ボクシングのカネロことサウル・アルバレス【写真:AP】

カネロの対戦相手の気分になれる貴重映像にファン「私も痛みを感じた」

 ボクシングのカネロこと、世界スーパーミドル級4団体王者のサウル・アルバレス(メキシコ)のパンチを味わった海外記者の体験レポートが話題となっている。米メディアの記者がGoProと腹パッドを着用し、王者の一発を実際に受けた。対戦相手視点の光景に米ファンからは「私も痛みを感じた」「腕の動きが凄い」などと反響が集まっている。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 覚悟を決めて、パンチを受けたのは米メディア「バーストゥール・スポーツ」のLarge氏。GoProを着用し、体験レポートを記事にして、その様子を伝えている。「私は腹にパッドを巻いて、カネロのボディーショットを1発2発受けることにした」という同氏。当時カネロは左拳に痛みがあり、利き手の右でLarge氏にパンチを見舞ったという。世界王者がパンチを放ったのは肋骨下。同氏はこのときの感想をこう記していた。

「痛かった……。私は少し泣いたかもしれない」

 容赦ないパンチを映した実際の映像をLarge氏は自身のツイッターに投稿。“貴重映像”にコメント欄には「痛そう!」「めちゃくちゃ素晴らしい」「腕の動きが凄い」「この映像をありがとう」「私も痛みを感じた」「私の肋骨も痛い」「すごい一発だ」などの反響が寄せられた。

 米専門誌「ザ・リング」が選定した全階級ボクサーの格付け「パウンド・フォー・パウンド(PFP)」でトップに君臨するカネロ。そんな現役世界No.1のパンチを味わえる映像にファンは沸いていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集