[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

渋野日向子を「嫌いになるのは不可能」 ラウンド後の日本人らしい所作に米記者も虜

米女子ゴルフのメジャー初戦、シェブロン選手権(米カリフォルニア州ランチョミラージュ、ミッションヒルズCC、6884ヤード、パー72)第2日は1日(日本時間2日)、10位から出た渋野日向子(サントリー)が7バーディー、1ボギーの66で回り、暫定首位に立った。猛チャージを見せたスマイリングシンデレラに大会側も注目。公式ツイッターに登場し、その様子に取材した海外記者も魅了されている。

シェブロン選手権、ホールアウト時点で暫定首位に立った渋野日向子【写真:AP】
シェブロン選手権、ホールアウト時点で暫定首位に立った渋野日向子【写真:AP】

海外メジャー初戦で暫定首位浮上、大会公式ツイッターで「センキュ~!」

 米女子ゴルフのメジャー初戦、シェブロン選手権(米カリフォルニア州ランチョミラージュ、ミッションヒルズCC、6884ヤード、パー72)第2日は1日(日本時間2日)、10位から出た渋野日向子(サントリー)が7バーディー、1ボギーの66で回り、暫定首位に立った。猛チャージを見せたスマイリングシンデレラに大会側も注目。公式ツイッターに登場し、その様子に取材した海外記者も魅了されている。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 7バーディーのラッシュを見せ、ホールアウト時点で単独首位に立った渋野。その後、大会公式ツイッターでは「クラブハウスリーダー、ヒナコ・シブノ」と紹介され、動画に登場した。カメラを見つめた渋野は発音の良い英語で「センキュ~!」と言うと、腰を90度折り曲げた日本人らしいお辞儀を披露。シブコスマイルを浮かべ、カメラに向かって両手で元気に手を振った。

 渋野の人柄とサービス精神が見え隠れたした挨拶。海外ファンから「彼女を楽しまないわけがない」「エクセレント」との声が上がったほか、この場面を間近で取材していた米専門メディア「ゴルフ.com」のゼファー・メルトン記者も、自身のツイッターで「ヒナコ・シブノを嫌いになるのは不可能。スマイリング・シンデレラは最高の雰囲気」と魅了された様子で、その人間性を評価していた。

 今季から米ツアーに参戦する渋野は、大舞台でこそ勝負強さを発揮する。全英オープン以来となる海外メジャー2勝目へ、気分は乗っている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集