[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本8クラブ目、34歳・帰化選手の美学 ウィリアムスが“職人技”で支えるB1島根の躍進

2021-22シーズンのバスケットボールB1リーグで“台風の目”となっているチームが、島根スサノオマジックだ。昨シーズンは28勝32敗と負け越したチームが、ここまで西地区2位につけている。

B1リーグ島根スサノオマジックのウィリアムス・ニカ【写真:SHIMANE SUSANOO MAGIC】
B1リーグ島根スサノオマジックのウィリアムス・ニカ【写真:SHIMANE SUSANOO MAGIC】

2019年に日本国籍を取得、西地区2位の島根でいぶし銀の活躍

 2021-22シーズンのバスケットボールB1リーグで“台風の目”となっているチームが、島根スサノオマジックだ。昨シーズンは28勝32敗と負け越したチームが、ここまで西地区2位につけている。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 もちろん安藤誓哉、金丸晃輔といった日本代表級選手の獲得は大きかった。ただし金丸、リード・トラビスを負傷で欠いたなかでも、3月12日には琉球の連勝を「19」で止める勝利を挙げ、そのまま6連勝中だ。浜松アリーナで行われた26日、27日の三遠ネオフェニックス戦も、連勝で終えている。

 島根の33勝10敗という戦績は琉球ゴールデンキングスに次ぐ西地区2位で、B1全体でも4位。チーム初のチャンピオンシップ出場を射程に捉えている。

 ウィリアムス・ニカはスタープレーヤーを迎えて躍進している島根の中で、地味な存在かもしれない。三遠の清水太志郎ヘッドコーチ代行は27日の試合後、ウィリアムスについてこう述べていた。

「もっと外から打ったり、いろいろやってくれれば、こちらもそう仕向けて、本人のリズムが崩れるところもあると思う。でも彼はしっかりインサイドポジションをパトロールして、オフェンスリバウンドに行く。ニック・ケイもそうですけど、フロアバランスを崩さない。ビュフォード、安藤誓哉の陰に隠れた縁の下の力持ちがいるので島根は安定している。年々我慢強く、スペシャリストになっている印象です」

 ウィリアムスはカリブ海の小国、セントビンセントおよびグレナディーン諸島出身の34歳。今季はまだ1本も3ポイントシュートを放っていない、現代バスケにおいては珍しい“純インサイドプレーヤー”だ。

 初来日は2011-12シーズンで、加入したクラブはbjリーグの高松ファイブアローズ(現・香川)だった。ちなみに同年の高松は2勝50敗でシーズンを終えている。

 彼はそこからほぼすべてのキャリアを日本で積み、島根が国内8クラブ目。日本で家庭を持ち、2019年には日本国籍を取得している。外国籍選手枠から外れたことで、契約的にも有利となった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集