[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

衝撃ダウンが2度炸裂 152kgで6パック完成「世界最強の男」ボクシング決戦に海外熱狂

「世界最強の男」の2人が“世紀のボクシング決戦”を演じた。デッドリフト501キロの世界記録を持つ俳優のハフソー・ビョルンソン(アイスランド)とデッドリフト500キロの前世界記録保持者のエディー・ホール(英国)が19日、ドバイで行われたボクシングの6ラウンド制のエキシビションマッチで激突。ド迫力の殴り合いは2度のノックダウンを奪ったビョルンソンが判定勝ちを収めた。

ハフソー・ビョルンソン【写真:Getty Images】
ハフソー・ビョルンソン【写真:Getty Images】

ビョルンソンとホールがボクシングのエキシビションマッチで激突

「世界最強の男」の2人が“世紀のボクシング決戦”を演じた。デッドリフト501キロの世界記録を持つ俳優のハフソー・ビョルンソン(アイスランド)とデッドリフト500キロの前世界記録保持者のエディー・ホール(英国)が19日、ドバイで行われたボクシングの6ラウンド制のエキシビションマッチで激突。ド迫力の殴り合いは2度のノックダウンを奪ったビョルンソンが判定勝ちを収めた。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 世界屈指の大男2人がリングでついに相まみえた。計量で152キロだった205センチのビョルンソンと、142キロだった190センチのホール。ともに「世界最強の男」コンテストで優勝経験を持つ両雄。サウスポースタイルでリーチ、サイズともに上回るビョルンソンが強烈な左ストレートをホールに食らわせ、2度のダウンを奪取。判定勝ちで“真の世界最強の男”になった。

 因縁の対決だった。2020年にビョルンソンがデッドリフトの世界記録を更新。すると、それまで500キロという世界記録を保持していたホールが、競争的な環境にない中で記録を更新することにインスタグラムで疑問を呈した。21年9月にボクシングのリングで“決着”を付ける予定だったもののホールが負傷し、延期となっていた。やっと、実現した対決だった。

 英デジタルメディア「LADbible」公式ツイッターはビョルンソンの豪快なノックダウンシーンを公開。「恐ろしい戦いだ」「早々のカットはエディーの力にならなかったけど、明らかにビョルンソンの勝利だね」「エディーはヘトヘトみたいだね。ビョルンソンのリーチはどでかいアドバンテージ」「お金を払って見に行く。特別なものだよ」などの声が寄せられ、驚きが広がっていた。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集