[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

内村航平、早くも始まった新たな挑戦 「経験の伝承」を軸にした育成と体操の価値向上

体操男子個人総合で五輪連覇した33歳の内村航平(ジョイカル)の引退イベント「KOHEI UCHIMURA THE FINAL」が12日、東京体育館で行われた。五輪と世界選手権を合わせて8連覇を達成し、40連勝の金字塔を打ち立てた個人総合の全6種目を完遂。ファンは感動の涙を流したが、史上最高選手は次なる挑戦を明かした。第2の体操人生は競技の価値向上、育成、普及。現役選手ではなくなるが、区切りをつけて早くも次の一歩を踏み出した。(文=THE ANSWER編集部・浜田 洋平)

会見で第2の人生について語る内村航平【写真:高橋学】
会見で第2の人生について語る内村航平【写真:高橋学】

内村航平が掲げた「第2の体操人生」の青写真

 体操男子個人総合で五輪連覇した33歳の内村航平(ジョイカル)の引退イベント「KOHEI UCHIMURA THE FINAL」が12日、東京体育館で行われた。五輪と世界選手権を合わせて8連覇を達成し、40連勝の金字塔を打ち立てた個人総合の全6種目を完遂。ファンは感動の涙を流したが、史上最高選手は次なる挑戦を明かした。第2の体操人生は競技の価値向上、育成、普及。現役選手ではなくなるが、区切りをつけて早くも次の一歩を踏み出した。(文=THE ANSWER編集部・浜田 洋平)

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 体操界では異例の興行を終え、内村は30年の体操人生に終止符を打ったと思われた。しかし、引退スピーチで強調した。

「泣かれている方もいますが、僕は新しい一歩を踏み出すので凄く前を向いています。体操競技は進化していきますし、日本の体操も前に進んでいかないといけない。体も動くし、僕にしか伝えられないことがある。こういうイベントをやりながら、体操の普及、技術の向上、経験の伝承をやらないといけないと思ってます。僕の体操人生は終わらないです」

 一つは指導者としての役割。本人の言葉通り「経験の伝承」が軸になる。幼い頃は日本代表選手たちの真似をし、ああでもない、こうでもないと求道者のように自己研鑽してきた。第一線は退くが、まだ体は動く。これからも練習しながら一つ一つの技術、練習法を極め、後輩たちに伝えていくという。

 すでに引退し、日体大でコーチを務める白井健三さんは苦楽をともにした大先輩について「他の選手、人のことを凄くよく見ている」と表現する。現役時代は何度もアドバイスを受けた。引き出しの数は群を抜いている。

「航平さんは一つの技にいろんな技術を持っている。同じ技でも、(複数の選手に)同じ教え方をしない。その人に合った教え方をしてくれるので、どれだけ人を見ているんだろうと思う。観察眼が凄いですね」

 助けられた後輩たちは多く、日本の底上げに大きく貢献してきた。培った世界一のノウハウを今後も伝えないわけにはいかない。これから試合への調整がなくなる分、研鑽の濃度はさらに増していく。内村は「やっぱり体操のことは自分が一番知っておきたい。体操の勉強をこれからしていきます。研究をやるはずなので、後輩たちにはよりわかりやすく技術を教えていければ」と思い描いた。

 他にもやりたいことは山ほどある。

「あとは体操の普及ですね。価値の向上もそう。価値の向上は選手たちの頑張りが絶対に必要。そういうところに貢献していきたい。どこを目指すというよりかは、体操の全てに関わりたいです。体操のいろんな分野に関わりたい。表に出なくても『裏で関わってるらしいよ』とか、それでいいかなと思います」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集