[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

B1最長19連勝、琉球に漂い始めた初制覇の予感 「大一番で勝つチーム」へ脱皮なるか

琉球ゴールデンキングスの勢いが止まらない。3月5日、6日に行われたバスケットボールB1リーグ第22節の滋賀レイクスターズとの第1戦に98-84、第2戦にも82-73と勝利し、連勝記録を「19」に伸ばしている。これでシーホース三河が2017-18シーズンに記録した17連勝を凌ぐ、B1史上最長記録となり、昨年11月14日の群馬クレインサンダーズ戦を皮切りに、計11クラブから勝利を積み上げてきた。

琉球の桶谷大ヘッドコーチが今季のチームの戦いについて語る【写真:琉球ゴールデンキングス】
琉球の桶谷大ヘッドコーチが今季のチームの戦いについて語る【写真:琉球ゴールデンキングス】

滋賀に2連勝、B1連勝記録を「19」に更新

 琉球ゴールデンキングスの勢いが止まらない。3月5日、6日に行われたバスケットボールB1リーグ第22節の滋賀レイクスターズとの第1戦に98-84、第2戦にも82-73と勝利し、連勝記録を「19」に伸ばしている。これでシーホース三河が2017-18シーズンに記録した17連勝を凌ぐ、B1史上最長記録となり、昨年11月14日の群馬クレインサンダーズ戦を皮切りに、計11クラブから勝利を積み上げてきた。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 もっとも6日の滋賀戦は、相手がオヴィ・ソコの負傷、ノヴァー・ガドソンのファウルトラブルによってインサイドが手薄となりながら、攻めあぐねていた。最終的に82-73と勝利したものの、第3クォーターの途中までは完全に五分の展開だった。

 試合後の記者会見に登場した琉球の桶谷大ヘッドコーチ(HC)の言葉にも、反省の含みが多かった。

「自分たちはフォースショット(強引なシュート)を打ったり、ペイントのフォース(無理なプレー)をしてしまったりしていた。今日はみんなのしたいことを“これ”とまとめ切れていないところがあった。それぞれのスペースを潰して、タイミングも違って、チームとしてケミストリーのあるバスケットをできなかったことが反省点です」

 琉球は5日から13日までの8日間に、アウェイ戦が5つ組まれている。それもあって今週末の琉球はタイムシェアを徹底。ただし6日の試合は、それが混乱にもつながっていた。指揮官はこう振り返る。

「今日の試合も、出た選手からしたら『俺のところにアドバンテージがあるからボールを寄越せ』となっていたんですよね。人を変えれば変えるほどぐちゃぐちゃになって、セイムページで(同じ判断を共有して)プレーできていないというのもありました」

 滋賀の日本人選手が想定以上の抵抗を見せたこともあり、琉球のインサイドは空回り気味の攻めを繰り返してしまっていた。ただし、そんな苦戦は琉球の収穫にもなっている。

 かりゆしウェアの指揮官はこう述べる。

「滋賀さんは特に日本人ビッグマンが、簡単に侵入させてくれなかった。あそこのファイトで、僕たちが無理にこじ開けようとしすぎた。しっかりボールを動かしながら、ギャップを作ってアドバンテージをしっかり作る点数の取り方をやらないといけない」

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集