[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 年齢差は実に20歳! 復活白星の松坂筆頭に、最多勝、本塁打王…横浜高の現役選手

年齢差は実に20歳! 復活白星の松坂筆頭に、最多勝、本塁打王…横浜高の現役選手

プロ野球、中日の松坂大輔投手が30日DeNA戦(ナゴヤD)に先発。6回を3安打1失点に抑え、今季3度目の登板で初勝利を挙げた。NPBでの勝利は2006年9月19日のソフトバンク戦以来、4241日ぶりだった。

中日の松坂大輔【写真:Getty Images】
中日の松坂大輔【写真:Getty Images】

横浜高出身は18人が現役、広陵、大阪桐蔭の16人を上回り高校別では最多

 プロ野球、中日の松坂大輔投手が30日DeNA戦(ナゴヤD)に先発。6回を3安打1失点に抑え、今季3度目の登板で初勝利を挙げた。NPBでの勝利は2006年9月19日のソフトバンク戦以来、4241日ぶりだった。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 見事な復活を果たした“平成の怪物”。この日のハイライトの一つはDeNA・筒香嘉智との横浜高対決。11歳差の2人は3度対戦し、左飛と2四球。松坂の判定勝ちといったところだろうか。ほかにも中日・福田永将が初回に右前へ適時打を放って松坂を援護するなど、横浜高勢の活躍が目立った試合でもあった。

 松坂を筆頭に、平成を代表するプロ野球選手を次々と輩出する横浜。この日の両チームだけでも、実に8選手が所属している。NPBだけで現役が18人。これは高校別では広陵(広島)、大阪桐蔭(大阪)の16人を上回り、最多の人数だ。

 現役では以下の選手がいる。

・1998年度卒業
後藤武敏(法大→西武→DeNA)
松坂大輔(西武→レッドソックス→メッツ→ソフトバンク→中日)
・2003年度卒業
荒波翔(DeNA)
成瀬善久(ロッテ→ヤクルト)
・04年度卒業
石川雄洋(DeNA)
涌井秀章(西武→ロッテ)
・06年度卒業
下水流昂(青学大→Honda→広島)
福田永将(中日)
・07年度卒業
高浜卓也(阪神→ロッテ)
・08年度卒業
倉本寿彦(DeNA)
・09年度卒業
筒香嘉智(DeNA)
・11年度卒業
近藤健介(日本ハム)
乙坂智(DeNA)
・12年度卒業
柳裕也(明大→中日)
・14年度卒業
浅間大基(日本ハム)
高浜祐仁(日本ハム)
・16年度卒業
藤平尚真(楽天)
・17年度卒業
増田珠(ソフトバンク)

 今年38歳を迎える松坂、同級生で1998年の甲子園春夏連覇時の主砲・後藤の2人が最年長。最年少のルーキー増田とは実に20歳の年の差がある。そのほか成瀬や、涌井、筒香らタイトルホルダーら、一時代を築いた選手がずらり。コンスタントに活躍選手を送り出し続け、今後の活躍が期待できる若い選手も多い。

 名門・横浜高のブランド力を高め、その選手たちを先頭で引っ張ってきたのがほかでもない松坂だ。故障を乗り越えての、復活の白星は後輩たちにもこれ以上ない励みになったに違いない。

(THE ANSWER編集部)

DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー