[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

高橋大輔&村元哉中がもたらす好影響 米指摘「若手スケーターが分野考えるきっかけ」

フィギュアスケートの世界選手権は、21日からフランス・モンペリエで開催される。アイスダンスでは村元哉中、高橋大輔組(関大KFSC)が出場を予定しているが、米専門誌は2人の歴史に注目しつつ「日本の若いスケーターたちに、アイスダンスを考えるきっかけを作っている」と指摘している。

村元哉中(左)と高橋大輔の歩みに米専門誌が注目【写真:AP】
村元哉中(左)と高橋大輔の歩みに米専門誌が注目【写真:AP】

世界選手権出場を予定している“かなだい”に米専門誌が注目

 フィギュアスケートの世界選手権は、21日からフランス・モンペリエで開催される。アイスダンスでは村元哉中、高橋大輔組(関大KFSC)が出場を予定しているが、米専門誌は2人の歴史に注目しつつ「日本の若いスケーターたちに、アイスダンスを考えるきっかけを作っている」と指摘している。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

“かなだい”の愛称で呼ばれる2人は北京五輪の出場はならなかったものの、1月の四大陸選手権では合計181.91点を記録。日本勢の大会過去最高位となる銀メダルを獲得し、海外メディアからも称賛が送られていた。

 世界選手権でも期待される2人について、米フィギュア専門誌「IFSマガジン」は「ムラモトとタカハシのダンスの歴史」との見出しで記事を掲載。「初出場の際は粗かった2人だが、2年後にはプログラムのパフォーマンス面、実行力、表現力は大会ごとに向上し始めた」などと最近の優れた演技に注目している。

 また記事では日本における影響力にも注目。高橋は男子シングルで活躍していたが、2020年からアイスダンスに転向。「2人の決断がどうであれ、その存在感は母国のアイスダンスに好影響を与えている。12月の全日本選手権は、ダイナミックな2人組を見ようと、観衆は満員だった」とつづったほか、「ムラモトとタカハシの成功は日本の若いスケーターたちにその分野(アイスダンス)を考えるきっかけを作っている」とも指摘している。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集