[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • センター前で一塁から一気に本塁生還! ダル同僚名手の“神走塁”が話題に

センター前で一塁から一気に本塁生還! ダル同僚名手の“神走塁”が話題に

米大リーグでの“神走塁”が話題を呼んでいる。カブスのハビアー・バエズ内野手が、ブルワーズ戦で、中前へ転がる打球で一塁から一気に本塁に生還。MLB公式ツイッターが動画を公開すると、ファンからは「なんて足の回転なんだ!」などと反響を呼んでいる。

カブスのハビアー・バエズ【写真:Getty Images】
カブスのハビアー・バエズ【写真:Getty Images】

カブスのバエズが二塁手の失策で一塁から生還、好走塁が話題に

 米大リーグでの“神走塁”が話題を呼んでいる。カブスのハビアー・バエズ内野手が、ブルワーズ戦で、中前へ転がる打球で一塁から一気に本塁に生還。MLB公式ツイッターが動画を公開すると、ファンからは「なんて足の回転なんだ!」などと反響を呼んでいる。

【特集】“炎の守護神”は今も忘れない 「4年に1度しかない」4回分の記憶 / サッカー 川口能活選手インタビュー(GROWINGへ)

 ダルビッシュのチームメート、カブスの名二塁手バエズが足で魅せた。5日(日本時間6日)のブルワーズ戦だ。1死から先制の2点適時打を放ったバエズは一塁走者だった。投手のレスターの打球は投手を強襲し二遊間へ。しかしこれをセカンドが処理できず、センター前へ転がった。

 バエズは一気に二塁を蹴って三塁へ。中堅手もボールの処理にもたつくのを確認すると、バエズは再び加速し本塁へ突っ込んだ。そして頭から滑り込み間一髪セーフ。3点目をもぎ取った。

 センター前への打球(記録は二塁の失策)で一気に一塁から本塁を陥れる、この“神走塁”が公開されると、ファンからは「全速力で魂のこもったプレー」「男らしい勝負師だ」「もしこれでアウトになっても、彼を咎めるべきではない。クールだ」「なんて足の回転なんだ!」「これは会場を沸かせるな」などと称賛が相次いでいた。

 昨年のWBCにはプエルトリコ代表として出場し準優勝に貢献した25歳。昨年には単独でのホームスチールも記録するなど、思い切りのいい走塁には定評がある。これからも好守で、足で盛り上げてくれそうだ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー