[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ハンドボールの24年開幕プロリーグ構想発表 リーグが収益一括管理「世界最高峰目指す」

一般社団法人日本ハンドボールリーグが20日、都内で「次世代型プロリーグ構想発表会」を開催し、2024年にプロ化した新リーグ創設を目指すと発表した。壇上に立った葦原一正代表理事が、日本ハンドボール界の現状を伝えた上で、「競技人口が増え、男女ともに日本代表が東京オリンピックで歴史的な1勝を飾った今が変わるタイミング。世界最高峰リーグを目指す」などと宣言した。

「次世代プロリーグ構想発表会」に出席したメンバー。左から日本ハンドボールリーグの松井隆事務局長、日本代表男子主将の土井レミイ杏利、葦原一正代表理事、女子主将の原希美、太田雄貴理事
「次世代プロリーグ構想発表会」に出席したメンバー。左から日本ハンドボールリーグの松井隆事務局長、日本代表男子主将の土井レミイ杏利、葦原一正代表理事、女子主将の原希美、太田雄貴理事

特徴はリーグによるチーム収益事業の一括管理

 一般社団法人日本ハンドボールリーグが20日、都内で「次世代型プロリーグ構想発表会」を開催し、2024年にプロ化した新リーグ創設を目指すと発表した。壇上に立った葦原一正代表理事が、日本ハンドボール界の現状を伝えた上で、「競技人口が増え、男女ともに日本代表が東京オリンピックで歴史的な1勝を飾った今が変わるタイミング。世界最高峰リーグを目指す」などと宣言した。

【特集】身近になったフィギュアスケート 元トップ選手が伝えたい競技の魅力 / フィギュアスケート・中野友加里さんインタビュー(GROWINGへ)

 構想によると、新リーグ開幕は24年2月。来年3月には参加チームの申し込みを募り、7月に審査結果を発表する段取り。参加条件には「プロ契約選手11人以上」「1500人以上のアリーナを有すること」「12歳以下の下部組織を保有」「チーム名に地域名を入れる」などの事項を設けている。

 最大の特徴が、リーグが全チームのあらゆる収益事業を一括管理する「シングルエンティティ制度」の採用で、葦原代表理事は「世界を見渡してもプロリーグではない制度。まずは、リーグ全体で稼げる体質を作っていきたい」と強調した。

 現在国内トップの日本ハンドボールリーグ(JHL)は、男子11チーム、女子10チームだが、葦原代表理事は「各チームの支出は年間2億円で、収入は1000万円の状況」と明かした。そのままでは、プロ化するチームの維持が難しいことから同制度の採用を決定。JHLのチームが新リーグに参加するか否かは、各チームの判断に委ねることになるが、新規チームの参加も歓迎するといい、葦原理事長は「1500人以上のアリーナを有する他競技(クラブ)からの参加もあるかもしれない」などと話した。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集