[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 「左のサヤカ」対決は佐藤冴香が制す 高橋沙也加に地元・仙台で意地の勝利

「左のサヤカ」対決は佐藤冴香が制す 高橋沙也加に地元・仙台で意地の勝利

コートの両側から「サヤカ」コールが飛び交った一戦は、佐藤が高橋に勝利した。バドミントンのトップ4トーナメントが24日に仙台市・ゼビオアリーナで開幕。女子は、午前の試合で日本ユニシスが2-1でヨネックスを下して翌日に行われる決勝進出を決めた。大会は、国内最高峰S/Jリーグの上位4チームが参加する新設の団体戦だ。ヨネックスで唯一勝利を挙げたのは、仙台市出身の佐藤冴香。第1ダブルスが敗れた後、シングルスで高橋沙也加にストレート勝ち(21-18、23-21)。名前の読みが同じ左利き同士の対決を制した。

佐藤冴香【写真:平野貴也】
佐藤冴香【写真:平野貴也】

同じ左利き同士の対決、母校の生徒の前でストレート勝ち

 コートの両側から「サヤカ」コールが飛び交った一戦は、佐藤が高橋に勝利した。バドミントンのトップ4トーナメントが24日に仙台市・ゼビオアリーナで開幕。女子は、午前の試合で日本ユニシスが2-1でヨネックスを下して翌日に行われる決勝進出を決めた。大会は、国内最高峰S/Jリーグの上位4チームが参加する新設の団体戦だ。ヨネックスで唯一勝利を挙げたのは、仙台市出身の佐藤冴香。第1ダブルスが敗れた後、シングルスで高橋沙也加にストレート勝ち(21-18、23-21)。名前の読みが同じ左利き同士の対決を制した。

【特集】“炎の守護神”は今も忘れない 「4年に1度しかない」4回分の記憶 / サッカー 川口能活選手インタビュー(GROWINGへ)

 第1ゲームは、スコアが均衡する中で18-18から抜け出して勝利。第2ゲームは互いに連続ポイントの多い展開で試合のペースが激しく変わった。佐藤は15-11から8連続失点で15-19と逆転されたが、「S/Jリーグの最終節で(NTT東日本の)三谷美菜津選手と戦って、リードしていたのに逆転負けをした。同じ展開だなと思ったけど、同じでは成長していないと思って踏ん張った」と最後に粘り腰を見せて19-20から同点に追いつき、23-21で競り勝った。日本A代表としてドイツオープン、全英オープンを転戦して20日に帰国したばかり。まだ時差ボケも解消していない状態だが「高橋選手の球はキレが良くて、上からのショットがすごく良い。ビデオで分析して良い状態で臨めたと思う」とコンディションを戦略でカバーしたことを明かした。

 地元の応援が、支えになった。佐藤は、仙台第一中から常磐木学園高校に進学、日体大を経てヨネックス入り。仙台で試合をするのは、高校時代以来だという。会場には、ジュニア時代の監督やコーチ、母校の常磐木学園の生徒が応援に駆け付けた。凱旋試合を勝利で飾り「仙台の方々に、自分の良いプレーを見せられる機会なので、勝てて良かった。みんながヨネックス側から応援してくれていたのが見えたし、今日は何が何でも勝ちたいという気持ちが強くなって、厳しい試合を勝ち切ることができた。また、この会場で試合をしたい」と話して笑顔を見せた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー