[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大番狂わせロペスVSカンボソスの死闘の代償 両者ともに病院行きで試合後の会見なし

ボクシングのWBA&WBO&IBF統一世界ライト級タイトル戦が27日(日本時間28日)、米ニューヨーク マディソン・スクエア・ガーデンで行われ、4団体統一王者テオフィモ・ロペス(米国)がIBFの指名挑戦者で同級1位ジョージ・カンボソス・ジュニア(豪州)に1-2で判定負けを喫し、まさかの陥落となった。

テオフィモ・ロペス(左)はジョージ・カンボソス・ジュニアに1-2で判定負けを喫した【写真:Getty Images】
テオフィモ・ロペス(左)はジョージ・カンボソス・ジュニアに1-2で判定負けを喫した【写真:Getty Images】

血染めの激闘、勝ったカンボソスも負けたロペスも病院へ

 ボクシングのWBA&WBO&IBF統一世界ライト級タイトル戦が27日(日本時間28日)、米ニューヨーク マディソン・スクエア・ガーデンで行われ、4団体統一王者テオフィモ・ロペス(米国)がIBFの指名挑戦者で同級1位ジョージ・カンボソス・ジュニア(豪州)に1-2で判定負けを喫し、まさかの陥落となった。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 試合はカンボソスが1ラウンドでいきなりダウンを奪う予想外の展開。ペースを握られたロペスも徐々に盛り返し、10回にはダウンを奪い返した。しかし、ロペスが左まゆをカットし、血染めの死闘に。ともにダメージが大きく、12ラウンドで決着はつかず、判定でカンボソスが勝利した。

 その代償は大きかったようで、試合後の会見は両者とも姿を現さず。英紙「デイリー・ミラー」のボクシング記者、ドナー・コルビー氏は「テオフィモ・ロペスとジョージ・カンボソス・ジュニアは両者とも病院に運ばれた。よって試合後の記者会見には参加しなかった」とツイートし、状況を説明していた。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集