[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ボクシング界のホープ・堤駿斗、世界選手権で歴史的勝利 3度優勝のキューバ選手撃破

アマチュアボクシングの男子世界選手権が27日、セルビア・ベオグラードで行われ、ライト級1回戦で堤駿斗(東洋大)がラサロ・アルバレス(キューバ)に5-0の判定勝ちを収め、2回戦に進んだ。世界選手権優勝3度、五輪メダル3個のレジェンドを撃破。ボクシング界のホープが歴史的勝利を挙げた。

ラサロ・アルバレス(キューバ)に判定勝ちを収めた堤駿斗(右)【写真:Getty Images】
ラサロ・アルバレス(キューバ)に判定勝ちを収めた堤駿斗(右)【写真:Getty Images】

アマチュアボクシング世界選手権

 アマチュアボクシングの男子世界選手権が27日、セルビア・ベオグラードで行われ、ライト級1回戦で堤駿斗(東洋大)がラサロ・アルバレス(キューバ)に5-0の判定勝ちを収め、2回戦に進んだ。世界選手権優勝3度、五輪メダル3個のレジェンドを撃破。ボクシング界のホープが歴史的勝利を挙げた。

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

 堤はタイミングのいいジャブを軸に距離を取り、攻撃を組み立てた。ボディーや右ストレートを決めるなど快勝。判定を聞くと、両手を挙げて喜んだ。

 千葉・習志野高時代の2016年に日本勢で初の世界ユース選手権制覇した22歳。ボクシング界のホープだが、新型コロナウイルスの影響で世界最終予選が中止となり、東京五輪出場はできなかった。30歳のアルバレスは世界選手権で優勝3度の強敵。東京五輪では、3大会連続で銅メダルを獲得していた。

 日本ボクシング連盟はツイッターに、試合を終えた堤の動画を公開。「1回戦から結構山場で自分は初戦がいつも課題。勝ててよかったです。気を緩めることなく、まだ始まったばかりなので一戦、一戦しっかり気を引き締めて、集中して勝ちたい」と話した。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集