[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

田中理恵、“黒パンプス”で180度開脚 引退7年も変わらぬ姿に驚き拡大「柔軟性凄すぎ」

ロンドン五輪に出場した元体操日本代表・田中理恵さんがインスタグラムを更新。自身が製作に携わったという、ヒールのある黒のパンプスを履いて前後に180度開脚する姿を披露すると、「かっこいい」「綺麗」などと話題になっていたが、さらに「柔軟性が凄過ぎます」などと反響が広がっている。

現役時代の田中理恵さん(撮影は2012年)【写真:Getty Images】
現役時代の田中理恵さん(撮影は2012年)【写真:Getty Images】

自身が製作に携わったパンプス着用、驚きの声が拡大

 ロンドン五輪に出場した元体操日本代表・田中理恵さんがインスタグラムを更新。自身が製作に携わったという、ヒールのある黒のパンプスを履いて前後に180度開脚する姿を披露すると、「かっこいい」「綺麗」などと話題になっていたが、さらに「柔軟性が凄過ぎます」などと反響が広がっている。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 11月6日オープン、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」とは

 余裕の笑みだ。田中さんは白のシャツに、青のパンツ、そして黒のパンプスという私服姿で前後に開脚。楽々とこなし、白い歯をのぞかせカメラを見つめている。まるでOLのような格好での180度開脚。田中さんのこだわりはその足元にあった。

 インスタグラムの文面には「【パンプス】って普段よく履かれますか?? 私は現役を引退してからこの数年間、講演会やオリンピックのお仕事などを頂いて、意外にも履く機会が多かったんです。アスリートだった私は、どうしてもこのパンプスに馴染めなかったり、うまく歩けなかったりして、靴擦れを毎回起こしてしまっていたんです。さらに足がとても小さくて、合うものを探すことすらもとても大変でした」と記している。

 さらに「そんな悩みを持ってはや8年…。orientaltrafficさんと出会って、私の悩みを真剣に聞いてくださって、『それならば』と、パンプスを一緒に作らせて頂くことになりました」「私、スーツ姿でも体操の「大ジャンプ」を求められることもあるんですけど笑、なんと大ジャンプしても大丈夫な【跳べるパンプス】としてスタートさせて頂きました」などと続けている。

 この投稿に「ハイヒールでの開脚いいですね!」などと反響が寄せられていたが、引退後7年が経過しても変わらぬ体の柔らかさに「柔軟性が凄過ぎます」「やわらかいな」「自分には絶対できない」などとさらに驚きが広がっている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集