[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

200kg→55kg減、世界最強男の“彫刻ボディー化”に英メディアも衝撃「驚異的な変身」

デッドリフト501キロの世界記録を持ち、「世界最強の男」コンテストで優勝経験を持つ俳優のハフソー・ビョルンソン(アイスランド)は18日(日本時間19日)にボクシングのリングに上がる。ビョルンソンは最大時200キロから、約55キロもの減量に成功したことを報告。インスタグラムには衝撃的なビフォーアフターショットを公開し、「凄い変身だ」と驚かせていたが、英メディアでも「驚異的」と報じられている。

ハフソー・ビョルンソン【写真:Getty Images】
ハフソー・ビョルンソン【写真:Getty Images】

ビョルンソンは週末にボクシングのリングへ

 デッドリフト501キロの世界記録を持ち、「世界最強の男」コンテストで優勝経験を持つ俳優のハフソー・ビョルンソン(アイスランド)は18日(日本時間19日)にボクシングのリングに上がる。ビョルンソンは最大時200キロから、約55キロもの減量に成功したことを報告。インスタグラムには衝撃的なビフォーアフターショットを公開し、「凄い変身だ」と驚かせていたが、英メディアでも「驚異的」と報じられている。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 11月6日オープン、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」とは

 別人のような変貌を遂げた。ビョルンソンは顔も引き締まり、タトゥーが刻まれたボディーは彫刻品のようにシェイプアップされ仕上がっている。腹筋は綺麗に6つに割れ、胸筋や腕、肩などははっきりとわかるくらい筋肉が隆起している。

 一方で以前の写真は顔つきからして違う。腹回りの贅肉はパンツの上に乗っかっている。どちらもすさまじい体型であることには違いないが、より強靭な印象を受ける。

 ビョルンソンは体型の変化がわかる、計6枚のビフォーアフターショットに「この6パックを一言で表現すると? 18日の土曜日に戦う。成長した姿を見せるのが待ちきれない」と記して投稿。海外ファンを驚かせていたが、英メディア「ギブミースポーツ」も「ハフソー・ビョルンソンのボクシング:マウンテンが体つきのビフォーアフター写真を投稿」のタイトルで特集している。

 記事では「32歳のアイスランド人は、ボクシング界で名を上げようとしている。自身にとって3戦目となるデボン・ララト戦を前に、驚異的な変身姿を披露した」と紹介。米国の人気テレビドラマシリーズ「ゲーム・オブ・スローンズ」のグレガー・クレゲイン役で知られる男の変身に驚きを感じているようだ。

 当初はデッドリフトの前世界記録保持者で、こちらも「世界最強の男」コンテストの優勝経験を持つエディー・ホール(英国)と対戦予定だったが、変更に。「ボクサーとして成功するために100ポンド近く減量したビョルンソンは土曜日にプロアームレスラーでYouTuerのララトと戦う」と伝えられている。

(THE ANSWER編集部)

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集