[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

58歳ホリフィールドが初回TKO負け あっけない復帰戦に米ファン「こんな姿見たくない」

ボクシングの元世界ヘビー級統一王者イベンダー・ホリフィールド(米国)が11日(日本時間12日)、米フロリダ州で行われたヘビー級8回戦で元UFC王者ヴィトー・ベルフォート(ブラジル)と対戦。58歳にして10年ぶりの現役復帰を果たしたが、初回TKO負けを喫した。

10年ぶり現役復帰の58歳ホリフィールド(左)だったが、ベルフォートに初回TKO負けを喫した【写真:AP】
10年ぶり現役復帰の58歳ホリフィールド(左)だったが、ベルフォートに初回TKO負けを喫した【写真:AP】

10年ぶりリングも元UFC王者に完敗

 ボクシングの元世界ヘビー級統一王者イベンダー・ホリフィールド(米国)が11日(日本時間12日)、米フロリダ州で行われたヘビー級8回戦で元UFC王者ヴィトー・ベルフォート(ブラジル)と対戦。58歳にして10年ぶりの現役復帰を果たしたが、初回TKO負けを喫した。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 復帰戦はあっけなく終わった。初回、相手の連打を食らうも耐えていたホリフィールド。残り40秒を切ったところで、44歳ベルフォートの左アッパーをまともに食らった。後ろ向きにダウン。立ち上がったが、再開後も一方的に打ち込まれる。たまらずレフェリーが試合を止めた。

 実際のダウンシーンを英公共放送「BBCスポーツ」のチャマカー・サンドフ記者が自身のツイッターに映像で公開。「ヴィトー・ベルフォートがイベンダー・ホリフィールドを初回TKOで倒す」と文面で伝えた。米ファンからは「誰が彼を戦わせたんだ?」「こんな姿見たくない」「誰もがこの結果見えていたよ」「悲しい」「虐待」「何もいいことがなかった」「戦うべきでなかった」などとコメントが寄せられている。

 当初は6階級制覇王者オスカー・デラホーヤ(米国)がリングに上がるはずだったが、新型コロナウイルス感染のため、代役として急遽出場が決まったホリフィールド。11年にブライアン・ニールセンにTKO勝ちして以来のリングだったが、勝利を掴めなかった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集