[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大坂なおみ破った19歳が全米決勝進出 海外メディア絶賛「衝撃再び」「魔法の快進撃」

テニスの全米オープンは9日(日本時間10日)、女子シングルス準決勝で19歳のレイラ・フェルナンデス(カナダ)が第2シードで世界2位のアリーナ・サバレンカ(ベラルーシ)を7-6、4-6、6-4で破り、4大大会初の決勝進出を決めた。止まらない快進撃に各国メディアも絶賛している。

全米オープン決勝進出を決め喜ぶレイラ・フェルナンデス【写真:AP】
全米オープン決勝進出を決め喜ぶレイラ・フェルナンデス【写真:AP】

決勝進出を決めたフェルナンデスに各国メディアが称賛

 テニスの全米オープンは9日(日本時間10日)、女子シングルス準決勝で19歳のレイラ・フェルナンデス(カナダ)が第2シードで世界2位のアリーナ・サバレンカ(ベラルーシ)を7-6、4-6、6-4で破り、4大大会初の決勝進出を決めた。止まらない快進撃に各国メディアも絶賛している。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 決着の瞬間、コートに倒れ込み、あどけなさの残る顔に感激の表情を浮かべたフェルナンデス。世界2位のサバレンカをフルセットの末に下し、19歳にして決勝進出を決めた快挙は各国で取り上げられている。

 米紙「USAトゥデー」は「全米オープン:レイラ・フェルナンデスがアリナ・サバレンカを撃破、女子決勝に進出した」と速報し、香港紙「サウスチャイナ・モーニング・ポスト」は「準決勝でレイラ・フェルナンデスがアリナ・サバレンカを破り、グランドスラムの夢を生き続ける」との見出しで記事を掲載。「スリリングな準決勝」「“魔法のような快進撃”を続ける」などと報じた。

 英国公共放送「BBC」も「レイラ・フェルナンデスがアリナ・サバレンカを破り、ニューヨークの決勝に進出」と報じ、「カナダのティーンエイジャー、レイラ・フェルナンデスが再びハイランクの相手に衝撃を与えた」と驚きを伝えた。

 世界ランク73位のフェルナンデスは今大会、3回戦で大坂を破る大金星を挙げると、以降も同17位のアンゲリク・ケルバー(ドイツ)、同5位のエリナ・スビトリナ(ウクライナ)とランク上位の選手を撃破し、同2位のサバレンカも破ってついに決勝進出を決めた。

 同18位のマリア・サッカリ(ギリシャ)と同150位のエマ・ラドゥカヌ(英国)の勝者と激突する決勝。この勢いのまま頂点にたどり着けるか。2002年生まれ、19歳のシンデレラストーリーはフィナーレを迎える。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集