[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

初のメジャーVへ、勝みなみが単独首位 3年連続予選落ちの大会で慎重「まずは通過を」

女子ゴルフ国内メジャー・日本女子プロゴルフ選手権コニカミノルタ杯の第1ラウンド(R)が9日、茨城・静ヒルズCC(6680ヤード、パー72)で行われた。初のメジャー優勝を狙う勝みなみ(明治安田生命)が66で回り、6アンダーで単独首位に立った。4連続を含む7バーディーで1ボギー。平均260ヤードのドライバーショットを武器に、コースを攻略した。2位は、2打差の4アンダーで濱田茉優(伊藤園)と菊地絵理香(フリー)。今季7勝の稲見萌寧(都築電気)は、70の2アンダーで11位タイにつけ、約1か月ぶりの国内戦になった渋野日向子(サントリー)は、72のイーブンパーで42位タイだった。

6アンダーで単独首位発進となった勝みなみ【写真:Getty Images】
6アンダーで単独首位発進となった勝みなみ【写真:Getty Images】

飛距離のアドバンデージでコース攻略

 女子ゴルフ国内メジャー・日本女子プロゴルフ選手権コニカミノルタ杯の第1ラウンド(R)が9日、茨城・静ヒルズCC(6680ヤード、パー72)で行われた。初のメジャー優勝を狙う勝みなみ(明治安田生命)が66で回り、6アンダーで単独首位に立った。4連続を含む7バーディーで1ボギー。平均260ヤードのドライバーショットを武器に、コースを攻略した。2位は、2打差の4アンダーで濱田茉優(伊藤園)と菊地絵理香(フリー)。今季7勝の稲見萌寧(都築電気)は、70の2アンダーで11位タイにつけ、約1か月ぶりの国内戦になった渋野日向子(サントリー)は、72のイーブンパーで42位タイだった。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 勝が相性の悪い大会で、首位発進を飾った。「この時期、いつもは調子が悪い」と話す通り、日本女子プロゴルフ選手権コニカミノルタ杯に限っては、初出場の2018年大会から前年大会まで3年連続予選落ち。ただ、今年は好調を維持しており、キャディーとは「練習ラウンドの時から今年は大丈夫そう。ドライバーがフェアウェーに行けば、スコアが伸びるよね」と話していたという。

 その予想は現実になり、2番、3番で連続バーディーとすると、9番からは圧巻の4連続バーディー。「コースは長いですけど、(自分の)飛距離がドライバーで20ヤード、アイアンで10ヤード伸びたことが大きいですね。300ヤード台(のパー4)だと2打目がウェッジ、400ヤード台でもアイアンで打てていますので」。全ては継続しているトレーニングの成果だが、11番パー4では第1打をラフに入れながら、54度のウエッジでピン1メートルにつける巧みさも見せた。

 一方で、最終18番パー4のボギーを含め、終盤3ホールはミスでスコアを伸ばせなかったことは悔やんだ。「16番で、1メートルのバーディーパットを外したことを超後悔しています」。それゆえにメジャー初優勝は現段階で考えず、「まずは予選を通過したいです。できれば上位で」と慎重な姿勢を示した。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集