[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

26歳濱田茉優が7バーディー パターを2.5cm長くした狙いとは「リズムが良くなった」

女子ゴルフ国内メジャー・日本女子プロゴルフ選手権コニカミノルタ杯の第1ラウンド(R)が9日、茨城・静ヒルズCC(6680ヤード、パー72)で行われた。ツアー初優勝を狙う濱田茉優(伊藤園)は7バーディー、3ボギーの68、4アンダー。パット好調の要因を「パターを1インチ長くしたので」と明かした。

4アンダーで発進した濱田茉優【写真:Getty Images】
4アンダーで発進した濱田茉優【写真:Getty Images】

パターを替えて以降、12戦中トップ10入り5度

 女子ゴルフ国内メジャー・日本女子プロゴルフ選手権コニカミノルタ杯の第1ラウンド(R)が9日、茨城・静ヒルズCC(6680ヤード、パー72)で行われた。ツアー初優勝を狙う濱田茉優(伊藤園)は7バーディー、3ボギーの68、4アンダー。パット好調の要因を「パターを1インチ長くしたので」と明かした。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 濱田のパットが、面白いように入った。雨でも速いグリーンで7バーディー。好調の理由を問われると、詳しく話した。

「(6月の)サントリーレディスの週から、パターの長さを34インチから35インチにして、グリップも重たいのにしてリズムが良くなりました。私はパッティングが悪い時に前傾が深くなるのですが、1インチ(約2.5センチ)長くしたことで前傾が浅くなり、大きく構えられるようになった。それで、スムーズに腕が動くようになりました」

 事実、濱田は「宮里藍サントリーレディス」以降は12戦中、トップ10入り5度と好調を維持している。その勢いでツアー初優勝を狙いたいところだが、女子プロ日本一を争う今大会は特に思い入れが強いという。「個人的には、(国内メジャー4大会で)一番大きな大会だと思っています。頑張りたいです」。

「パット イズ マネー」。2日前に26歳になったばかりの濱田は、35インチのパターを武器に残り3日間も勝負をかける。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集