[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

パッキャオが前のめり失神 伝説メキシカンの芸術カウンターに再戦慄「最も残酷なKO」

ボクシングの元世界4階級制覇王者フアン・マヌエル・マルケス(メキシコ)が23日、48歳の誕生日を迎えた。中量級で一時代を築いたメキシコのレジェンドといえば、マニー・パッキャオ(フィリピン)との4度の対戦だ。2012年、4度目の対戦で初めて勝利したが、この試合では強烈なカウンターでパッキャオを失神させた。未だ語り草となっている9年前の戦慄のKOシーンを、米スポーツチャンネル「DAZN」が動画付きで公開。海外ファンを再び興奮させている。

2012年12月、マニー・パッキャオ(右)はフアン・マヌエル・マルケスにKO負けした【写真:Getty Images】
2012年12月、マニー・パッキャオ(右)はフアン・マヌエル・マルケスにKO負けした【写真:Getty Images】

4階級王者マルケスが48歳誕生日

 ボクシングの元世界4階級制覇王者フアン・マヌエル・マルケス(メキシコ)が23日、48歳の誕生日を迎えた。中量級で一時代を築いたメキシコのレジェンドといえば、マニー・パッキャオ(フィリピン)との4度の対戦だ。2012年、4度目の対戦で初めて勝利したが、この試合では強烈なカウンターでパッキャオを失神させた。未だ語り草となっている9年前の戦慄のKOシーンを、米スポーツチャンネル「DAZN」が動画付きで公開。海外ファンを再び興奮させている。

【注目】インターハイ2021「できっこないを、やる夏だ。」 インターハイ応援プロジェクト特設サイトはこちらから

 2012年12月、ラスベガスでの4度目の対戦。結末は6ラウンドだ。左ストレートを打ちに踏み込んできたパッキャオに対して、強烈な右カウンターで迎え撃ったマルケス。ドンピシャのタイミングで顎を捉えると、パッキャオは前のめりに倒れ、ピクリとも動かなくなった。

 衝撃的なカウンター一閃で、マルケスが4度目の対戦にして初勝利。この一戦は2012年の「リングマガジン ファイト・オブ・ザ・イヤー」に選ばれるなど、高い評価を受けた。

 あれから9年。マルケスは48歳となった。DAZNのボクシング専門インスタグラムでは「今日誕生日のマルケスによるこのKOは決して色あせない」と題して再び脚光を浴びせている。

 何度見ても美しいKOシーンに、米ファンは「全盛期のパッキャオを倒したんだよな」「ラッキーだと言う人もいるがそうじゃない」「史上最高のKO」「いつ見ても驚き」「美しいショット」「今まで見た中で最も残酷なKO」「最高のタイミング」などの声が上がっている。

 マルケスは2014年の試合を最後にリングを離れたが、パッキャオはいまだ現役。21日(日本時間22日)にはWBA世界ウェルター級タイトルマッチに望み、判定負けを喫した。進退については明らかにしていない。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集