[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

42歳パッキャオ、2年ぶり復帰戦で判定負け 闘志健在も4年ぶり敗戦、引退の可能性も

ボクシングのWBA世界ウェルター級タイトルマッチが21日(日本時間22日)、米ラスベガスのT-モバイルアリーナで行われ、42歳の世界6階級制覇王者マニー・パッキャオ(フィリピン)が同級スーパー王者ヨルデニス・ウガス(キューバ)に0-3の判定負け(113-115、112-116×2)を喫した。2019年7月のキース・サーマン(米国)戦以来、2年1か月ぶりの試合。団体内の王座統一に失敗し、17年7月以来4年1か月ぶりとなる8敗目となった。パッキャオの戦績は62勝(39KO)8敗2分、35歳のウガスは27勝(12KO)4敗。

WBA世界ウェルター級タイトルマッチ、マニー・パッキャオ(右)はヨルデニス・ウガスに12回判定負け【写真:AP】
WBA世界ウェルター級タイトルマッチ、マニー・パッキャオ(右)はヨルデニス・ウガスに12回判定負け【写真:AP】

WBA世界ウェルター級タイトルマッチ

 ボクシングのWBA世界ウェルター級タイトルマッチが21日(日本時間22日)、米ラスベガスのT-モバイルアリーナで行われ、42歳の世界6階級制覇王者マニー・パッキャオ(フィリピン)が同級スーパー王者ヨルデニス・ウガス(キューバ)に0-3の判定負け(113-115、112-116×2)を喫した。2019年7月のキース・サーマン(米国)戦以来、2年1か月ぶりの試合。団体内の王座統一に失敗し、17年7月以来4年1か月ぶりとなる8敗目となった。パッキャオの戦績は62勝(39KO)8敗2分、35歳のウガスは27勝(12KO)4敗。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 11月6日オープン、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」とは

 パッキャオは初回から手数を増やし、ウガスをロープに追い詰めた。試合前から大きかったファンの歓声はさらにアップ。身長、リーチともに不利の中、連打を放ちながら飛び込んだ。時折右ボディーを受けたが、3回には接近戦に持ち込もうと奮闘。中盤も小刻みに上半身を振りながらパンチを打ち続けた。

 8回、パッキャオはガードが下がったところに右を被弾。10回には互いに連打を繰り出して打ち合いを演じた。パッキャオは11回に強烈な右を受けたが、打たれても打ち返す闘志は健在。最終12回は右フックなどを被弾し、ダメージを負ったが、大歓声を浴びながら最後まで戦い抜いた。

 パッキャオはサーマンとの王座統一戦以来の試合。ブランクの間、今年1月にWBAから休養王者に認定され、正規王者だったウガスがスーパー王者に昇格していた。当初、パッキャオは27戦全勝のWBC&IBF同級王者エロール・スペンスJr.(米国)と対戦予定だったが、今月10日にスペンスJr.が左目負傷で欠場。前座で防衛戦を予定していたウガスが代役となった。

 母国で国会議員を務めるパッキャオは来年の大統領選出馬の可能性があり、今回が現役最終戦になると海外メディアで報じられていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2 3 4
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集