[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

初心者もいる最強女子ホッケー部 インハイVの岐阜各務野が見せた「大会中の成長」

全国高校総体(インターハイ)ホッケー競技女子。得点女王に輝いた岐阜各務野のFW佐々木里紗の笑顔が弾けた。前キャプテンの河田真緒(東海学院大1年)が率いた昨年は、コロナ禍で戦う舞台を失った。

全国高校総体ホッケー競技女子で優勝した岐阜各務野【写真:山田智子】
全国高校総体ホッケー競技女子で優勝した岐阜各務野【写真:山田智子】

先輩との約束を果たしたインターハイ制覇

「河田先輩に金メダルを掛けに行きます!」

 全国高校総体(インターハイ)ホッケー競技女子。得点女王に輝いた岐阜各務野のFW佐々木里紗の笑顔が弾けた。前キャプテンの河田真緒(東海学院大1年)が率いた昨年は、コロナ禍で戦う舞台を失った。

「(3回戦の)丹生戦が終わった後にメッセージをもらって、『自信持って、思い切ってやってこい』って言われました。『獲ったぞー』って伝えたいです」

 去年出られなかった悔しさを胸に戦った夏。岐阜各務野は先輩との約束を果たし、8年ぶりに優勝を果たした。

 8-0、5-0、7-0。全出場チーム中最多の20得点。エース・佐々木を中心にした、力強い攻撃は際立っていた。相手の対策を上回り、真っ向勝負でねじ伏せた。高い位置からプレスを掛けてボールを奪うと、大塚みなみと平光杏衣で右サイドを崩して、最後は佐々木が泥臭く仕留める。素早いリスタートから山藏百音がゴール前に鋭くボールを打ち込み、FW陣がきっちりと合わせる。

 ペナルティコーナー(PC)は、ゴールラインから山藏がパスし、大塚が止めて、平光がシュートするワンパターンのみだった。「変化球なしのストレート勝負。相手もそれを分かって止めようとしてくる中で、ヒッターがどう打ち抜いていくか。これだけ練習してきているんだから、逃げずに叩き込めばいいやんって」と長尾美和。“ストレート1本”で勝負し、PCから3試合計で6点をもぎ取った。

「彼女たちが充実していましたね。直前の練習試合ではどうなることかと思っていましたが……」。普段は厳しい姿勢を崩さない長尾監督も、小、中学で日本一に輝き、この大舞台でも違いを見せつけたタレントたちを称えた。

「この夏勝ったことによって3冠の挑戦権が取れました。彼女たちの最終目標は3冠で、まず一つ目の通過点の大会を獲って、指を1本上げた写真が撮れる。秋に2本目、冬に地元で3本目。最高の舞台を彼女たちが自分たちで演出できるか。やってくれるとは思っているんですけど、そのためにはまだ課題が相当ありますから」

 岐阜各務野が見据えるのはインターハイ、国体、選抜の「3冠制覇」。インターハイはゴールではなく、あくまで最終目標を達成するための成長過程に過ぎない。「まだまだ発展途上のチーム」と長尾監督は話す。

「うちは初心者がいますので、(前監督の)安田(善治郎)先生がいつも仰るように、練習でも上手くなるんですけど、大会を通じて上手くなっていくのが(伝統)。大会を通じて成長がとても見られましたし、成長したからこそ課題が見つかったということです」

1 2 3

山田 智子

愛知県名古屋市生まれ。公益財団法人日本サッカー協会に勤務し、2011 FIFA女子ワールドカップにも帯同。その後、フリーランスのスポーツライターに転身し、東海地方を中心に、サッカー、バスケットボール、フィギュアスケートなどを題材にしたインタビュー記事の執筆を行う。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集