[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

渋野日向子、痛恨ダボで32位後退「悔しかった」 国内復帰後初の予選通過も納得いかず

女子ゴルフの国内ツアー、大東建託・いい部屋ネットレディス第2日が23日、北海道・滝のCC(6578ヤード、パー72)で行われた。21位で出た渋野日向子(サントリー)は3バーディー、1ボギー、1ダブルボギーの72で回り、通算2アンダーの32位。韓国の全美貞(フリー)が11アンダーで単独首位とした。

通算2アンダーの32位で予選通過した渋野日向子【写真:Getty Images】
通算2アンダーの32位で予選通過した渋野日向子【写真:Getty Images】

大東建託・いい部屋ネットレディス第2日

 女子ゴルフの国内ツアー、大東建託・いい部屋ネットレディス第2日が23日、北海道・滝のCC(6578ヤード、パー72)で行われた。21位で出た渋野日向子(サントリー)は3バーディー、1ボギー、1ダブルボギーの72で回り、通算2アンダーの32位。韓国の全美貞(フリー)が11アンダーで単独首位とした。

【注目】インターハイ2021「できっこないを、やる夏だ。」 インターハイ応援プロジェクト特設サイトはこちらから

 渋野は前半4番でバーディーを奪うと、8番でも1つ伸ばした。10番のバーディーで上位に顔を出したが、13番パー4で痛恨のダブルボギー。残り131ヤードからグリーンに乗せられず、20ヤードのアプローチがピンまで6メートル残した。ボギーパットも6メートル。15番でもボギーを叩き、32位に後退した。

「パー5の獲りたいところで3つ取れていて、難しいところにつけてしまったアプローチをしっかり寄せてナイスパーでスタートすることもできました。途中の7番もナイスパーが獲れたので後半の途中まではいい流れではあったんですけど、18ホールの中で個人的に一番難しいと思っていたグリーン、ホールでやっぱりダボを打ってしまった。そこからなかなか流れを戻すことができず、悔しかったです」

 351ヤードの13番は「トータルの距離のわりに上りが強い」と第2打でグリーン面が見えず。「打ちにくいですし、横幅も小さいので縦距離を合わせたり、左右をコントロールしたりするのがちょっと難しい印象」と説明。「その分、手前にピンが切られて、上につけてしまうと止まらないかなり傾斜の強いグリーン。そういうところで難しいと思っていました」とした。

 前週は米ツアーの転戦から3か月半ぶりに国内ツアー復帰。しかし、国内9試合ぶりに予選落ちとなった。復帰2戦目で予選通過。「1番、7番の難しいショートサイドに外したアプローチを寄せてパーを獲ることができたのは今までにないなと思いました」と収穫もあった様子だ。来週まで国内ツアーに出場予定としている。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集