[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

堀琴音、やっと言える「姉妹優勝した」と 8年前、転機になった姉のバーディーパット

女子ゴルフの国内ツアー、ニッポンハム・レディスは11日、北海道・桂GC(6763ヤード、パー72)で最終日が行われた。首位と2打差の2位で出た25歳の堀琴音が5バーディー、ボギーなしの67。通算14アンダーで並んだ若林舞衣子とのプレーオフを制し、プロ8年目で悲願の初優勝を挙げた。姉・奈津佳も通算2勝を挙げており、福嶋浩子、晃子に次ぐ2組目の姉妹優勝となった。

悲願の初優勝を挙げ、笑顔を見せる堀琴音【写真:Getty Images】
悲願の初優勝を挙げ、笑顔を見せる堀琴音【写真:Getty Images】

ニッポンハム・レディス最終日

 女子ゴルフの国内ツアー、ニッポンハム・レディスは11日、北海道・桂GC(6763ヤード、パー72)で最終日が行われた。首位と2打差の2位で出た25歳の堀琴音が5バーディー、ボギーなしの67。通算14アンダーで並んだ若林舞衣子とのプレーオフを制し、プロ8年目で悲願の初優勝を挙げた。姉・奈津佳も通算2勝を挙げており、福嶋浩子、晃子に次ぐ2組目の姉妹優勝となった。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 琴音は大粒の涙を流し、ギャラリーの拍手に応えた。両手を突き上げてガッツポーズ。プレーオフを終えると、出迎えてくれたのは姉だった。予選落ちで北海道を離れていたはず。「いたことにビックリした。初優勝は見たいと言ってくれていたので、いるっていうことは優勝できると思ってくれていたということ。それが嬉しかったです」。2打差から逆転勝ち。歓喜の瞬間を共有した。

 3学年上の姉の影響を受け、7歳からゴルフを始めた。いつも一緒に切磋琢磨。10年前、高校1年時に姉のプロデビュー戦を見守った。「プロゴルファーってこんなに難しいところでプレーしているんだ。私には絶対無理」。レベル差を見せつけられた。

 13年3月、そんな雲の上の舞台で姉が初優勝。「お姉ちゃんって強いな」。優勝争いの中で8メートルのバーディーパットをねじ込んだ姿は忘れられない。「私もできるんじゃないかと思った瞬間です」。優勝を目指す転機となった。

 柏原明日架、永峰咲希らと同じ1995年度生まれの25歳。実力者が多く「華の14年プロテスト合格組」としてだけでなく、「姉妹V」も期待された。「正直、ずっともどかしかった。姉は優勝しているけど、私はしていない。『姉妹優勝した』って言えなくて」。2016年は賞金ランク11位に入るなど活躍したが、18年は同114位でシード権を喪失。それでも、諦めきれなかった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集