[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平の黒星消えた! 9回“奇跡の同点グランドスラム”に米記者興奮「冗談だろ」

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は30日(日本時間1日)、敵地ヤンキース戦に「1番・投手」で出場したが、わずか2死しか奪えずノックアウト。5つの四死球を出し、2本の適時打を打たれるなど7失点の大乱調だった。だがチームは4-8の9回1死満塁からジャレド・ウォルシュ内野手が起死回生の同点満塁弾を放ち、大谷の黒星が消えた。

9回に同点満塁弾を放ち、チームメイトに祝福されるエンゼルスのジャレド・ウォルシュ【写真:AP】
9回に同点満塁弾を放ち、チームメイトに祝福されるエンゼルスのジャレド・ウォルシュ【写真:AP】

ウォルシュが9回に起死回生のグランドスラム

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は30日(日本時間1日)、敵地ヤンキース戦に「1番・投手」で出場したが、わずか2死しか奪えずノックアウト。5つの四死球を出し、2本の適時打を打たれるなど7失点の大乱調だった。だがチームは4-8の9回1死満塁からジャレド・ウォルシュ内野手が起死回生の同点満塁弾を放ち、大谷の黒星が消えた。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 奇跡が起きた。12時を回り、日付は7月1日になっていた。エンゼルスは4点を追う9回、ヤンキースの守護神チャップマンを攻め、1死満塁の好機を作った。左打席にはウォルシュ。1ボールからの2球目だ。甘く入ってきた84マイル(約135キロ)を完璧に捉えた。打球は右中間スタンドへ。土壇場で追いつく、起死回生のグランドスラムだ。

 大谷の黒星を消す一撃にツイッター上の米記者も大興奮だった。米ロサンゼルス地元放送局「バリー・スポーツ・ウェスト」のキャスター、パトリック・オニール記者は「インクレディブル。ジャレド・ウォルシュが9回表に満塁本塁打を放った。今夜彼にとっての2本目のアーチである。エンゼルスはヤンキースを驚かせ、私たちみんなも驚かせた」と綴った。

 大谷フリークとして知られる米スポーツ専門局「FOXスポーツ」のアナリスト、ベン・バーランダー氏も「ジャレド・ウォルシュがチャップマンから同点となる満塁本塁打を打った。これでショウヘイ・オオタニの負けは消えた」と速報。MLB公式サイトのエンゼルス番レット・ボリンジャー記者も「冗談だろ。ジャレド・ウォルシュがチャップマンから9回に同点満塁弾。8-8になった」と唖然としている。

 攻撃の手を緩めないエンゼルスは代打・レンヒフォの2点適時打で勝ち越し。この回一挙7得点で逆転に成功した。最後はイグレシアスが3人で締めて、劇的な勝利を手にした。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集