[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ボール3個も外れているのに… 三振巡る”誤審”に米ファン唖然「酷すぎ」「恥ずかしい」

米大リーグで球審のストライク判定がまた波紋を呼んでいる。ストライクゾーンを大きく外れているようなコースのボールをストライクとジャッジ。見逃し三振となる映像を米国の投球分析家が公開。米ファンからは「酷すぎる」「恥ずかしい」などと厳しい指摘が相次いでいる。

フィリーズのアーロン・ノラが投じた1球が波紋を呼んでいる【写真:AP】
フィリーズのアーロン・ノラが投じた1球が波紋を呼んでいる【写真:AP】

コースも、高さも外れている1球がストライクで見逃し三振

 米大リーグで球審のストライク判定がまた波紋を呼んでいる。ストライクゾーンを大きく外れているようなコースのボールをストライクとジャッジ。見逃し三振となる映像を米国の投球分析家が公開。米ファンからは「酷すぎる」「恥ずかしい」などと厳しい指摘が相次いでいる。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 いくらなんでもこれは酷い。30日(日本時間1日)のフィリーズ―マーリンズ戦、3回だった。フィリーズの右腕ノラが、左打席のチズホルムに投じた内角低めへの1球。高さもコースも明らかにストライクゾーンを外れているように見える。チズホルムも腰を引いている。

 だが球審の右手は上がった。打者も驚きのリアクション。見逃し三振となった。ボール3個分は外れているように見えるこの1球を、「ピッチングニンジャ」の愛称で知られる米国の投球分析家ロブ・フリードマン氏が自身のツイッターで「マジな話、何が起きたんだ?」と記して映像付きで公開。すると米ファンにも驚きと呆れが広がっている。

「ロボット審判を早く」
「ストライクのはずがない」
「ひどすぎる」
「恥ずかしい」
「審判はディナーの予約でもしていたのかな」
「なんだこれ」
「ばかげている」

 この1球に奮起したのか、1-4とリードを許していたマーリンズだったが、5回に一挙6点を奪い逆転。6回までで9-5とリードしている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集