[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ダスマリナスは勇敢だった 何度も立ち上がる姿をドネア称賛「自分も経験している」

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級タイトルマッチが19日(日本時間20日)、米ラスベガスのヴァージンホテルで行われ、統一王者・井上尚弥(大橋)が挑戦者のIBF1位マイケル・ダスマリナス(フィリピン)に3回2分45秒TKO勝ちした。敗れたダスマリナスは試合後に井上に対して脱帽していたが、心折れずに何度も立ち上がった挑戦者に対して、海外メディアやWBC王者ノニト・ドネア(フィリピン)からは称賛が送られている。

WBAスーパー&IBF世界バンタム級タイトルマッチ、井上尚弥と拳を交えるマイケル・ダスマリナス(右)【写真:AP】
WBAスーパー&IBF世界バンタム級タイトルマッチ、井上尚弥と拳を交えるマイケル・ダスマリナス(右)【写真:AP】

2度のダウンから立ち上がる姿に称賛の声

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級タイトルマッチが19日(日本時間20日)、米ラスベガスのヴァージンホテルで行われ、統一王者・井上尚弥(大橋)が挑戦者のIBF1位マイケル・ダスマリナス(フィリピン)に3回2分45秒TKO勝ちした。敗れたダスマリナスは試合後に井上に対して脱帽していたが、心折れずに何度も立ち上がった挑戦者に対して、海外メディアやWBC王者ノニト・ドネア(フィリピン)からは称賛が送られている。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 井上の壁は高かったが、IBFのトップコンテンダーとして意地は見せた。ダスマリナスは2回に左ボディーでダウンしたが立ち上がった。3回残り40秒頃には再度左ボディーを打ち込まれ、苦悶の表情でその場に転がった。終わったかと思われたが、何とか踏ん張って立ち上がりファイティングポーズを作った。再開直後にまたまた左ボディーを食らい、3度目のダウン。レフェリーが試合をストップした。

 3度ダウンし、525秒でのTKO負け。それでも井上に対して逃げずに立ち向かったダスマリナスに対し、英衛星放送「スカイスポーツ」は拍手を送っている。

「ナオヤ・イノウエがマイケル・ダスマリナスをボディーショットでKOし、世界バンタム級タイトル戦で勝利」との見出しで報じた記事の中で、「マニー・パッキャオで有名なワイルドカードジムでトレーニングを積んだフィリピン人挑戦者にとって、希望は全て潰えたように見えたが、彼は勇敢にも再び立ち上がった」と称えている。

 リングサイドで見ていた同胞の先輩王者も、ダスマリナスについて高く評価している。米スポーツ専門局「CBSスポーツ」によるとドネアは「私はダスマリナスに大きなリスペクトを払わなくてはいけません。なぜなら自分もその経験をしているし、気持ちや痛みが分かるからです。私も立ち上がり続けましたが、あのパンチは凄いんです」とコメント。1度拳を交えたものとして、井上のハードパンチに耐えるのは至難だと共感している。

 試合後は井上に対して潔く「素晴らしかった」と脱帽していたダスマリナス。モンスターにひるまず立ち向かった戦いぶりは称賛の対象となっている。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集