[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 錦織、2大会目で復帰後初V! 完全復活へ第一歩、世界158位をストレート圧勝

錦織、2大会目で復帰後初V! 完全復活へ第一歩、世界158位をストレート圧勝

男子テニスの下部大会のRBCテニスチャンピオンシップス・オブ・ダラスは4日、シングルス決勝で世界ランク27位の錦織圭(日清食品)が同158位マッケンジー・マクドナルド(米国)に6-1、6-4のストレート勝ち。2大会目で復帰後初優勝を飾った。

錦織圭【写真:Getty Images】
錦織圭【写真:Getty Images】

決勝で世界158位マクドナルドに完勝、下部大会優勝は7年ぶり

 男子テニスの下部大会のRBCテニスチャンピオンシップス・オブ・ダラスは4日、シングルス決勝で世界ランク27位の錦織圭(日清食品)が同158位マッケンジー・マクドナルド(米国)に6-1、6-4のストレート勝ち。2大会目で復帰後初優勝を飾った。

【PR】夢は「6億円」だけじゃない ついに開催1000回、スポーツくじが築く未来とは

 錦織が復活へ大きな第一歩を記した。第1セット、互いにキープして迎えた第4ゲームでブレークすると、一気に畳みかけ、6-1でセットを先取した。第2セットは序盤から接戦となったが、最後は世界トップ選手の意地を発揮し、モノにした。復活Vに地元ファンから大歓声が降り注いだ。

 錦織は右手首の故障により、昨年8月から戦線離脱。調整の遅れのより、当初予定していた全豪オープンなどは欠場していた。復帰初戦となった1月チャレンジャー ニューポートビーチは初戦敗退したが、2戦目となった今大会は1回戦から着実に4試合勝ち上がり、決勝に駒を進めていた。

 大会中には自身のツイッターで「すべての試合が一歩一歩、着実に僕のレベルの向上を手助けしてくれている」と明かし、海外メディアではコーチのマイケル・チャン氏が「彼は日々向上していると思っている」「努力をする限りは、彼はただ成長を続けていくだろう」などと復活へ向け、評価していた。

 下部大会優勝は10年11月以来、7年ぶり。一時、世界ランク4位まで上り詰めた順位も27位となったが、日本のエースの逆襲はここから。錦織が力強く復活の狼煙を上げた。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー