[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 【追憶の五輪#2】1998年長野 日本を感動の渦に巻き込んだ“あの大ジャンプ”

【追憶の五輪#2】1998年長野 日本を感動の渦に巻き込んだ“あの大ジャンプ”

平昌五輪開幕まであと1週間を切った。現地の模様を伝えるニュースが増え始めるなど、、4年に一度の冬の祭典へ向けてのムードが高まってきた。日本代表の戦いぶりを「追憶の五輪」と題し、大会ごとに振り返る。第2回は日本での2度目の冬季五輪となった1994年長野大会。

1998年長野大会の船木和喜、原田雅彦【写真:Getty Images】
1998年長野大会の船木和喜、原田雅彦【写真:Getty Images】

冬季最多の金メダル5個、清水宏保、里谷多英らスター続々

 平昌五輪開幕まであと1週間を切った。現地の模様を伝えるニュースが増え始めるなど、、4年に一度の冬の祭典へ向けてのムードが高まってきた。日本代表の戦いぶりを「追憶の五輪」と題し、大会ごとに振り返る。第2回は日本での2度目の冬季五輪となった1994年長野大会。

【一覧】日本は金2個&韓国は金6個、1位は… <米大手データ会社の平昌五輪メダル獲得予測>

旗手:清水宏保(スピードスケート)
主将:荻原健司(ノルディック複合)

○金メダル(5)

清水宏保(スピードスケート男子500m)
里谷多英(フリースタイルスキー女子モーグル)
船木和喜(スキージャンプラージヒル個人)
岡部孝信、斎藤浩哉、原田雅彦、船木和喜(スキージャンプ団体)
西谷岳文(スピードスケートショートトラック男子500メートル)

〇銀メダル(1)

船木和喜(スキージャンプノーマルヒル個人)

〇銅メダル(4)

岡崎朋美(スピードスケート女子500m)
清水宏保(スピードスケート男子1000m)
原田雅彦(スキージャンプラージヒル個人)
植松仁(スピードスケートショートトラック男子500m)

 1972年の札幌に続き、冬季五輪では2度目の日本での開催。それまで冬季五輪で日本が獲得した金メダルは合計でも3個だけだったが、この大会なんと5個もの金メダルを獲得。計10個も含め、ともに冬季史上最多となった。

【トピックス】

 5つの金メダルを獲得し、数ある名場面の中でもハイライトはスキージャンプ団体だろう。1994年のリレハンメル大会では、ラストジャンパーだった原田が大失速し銀メダル。今度こその期待を一身に背負って、臨んだ大会。競技は大雪の中で行われた。

 1本目、3番手だった原田、前がほとんど見えないような状況でのジャンプで平凡な記録。続く船木も悪天候で飛距離が出ず、2人目までトップだった順位が4位まで下がった。リレハンメルの悪夢の再びかと思われた中での2本目。トップバッターの岡部が137メートルの大ジャンプでトップを奪うと、斎藤も好記録で続いた。

 そして1本目で結果を残せなかった原田だ。岡部に並ぶ137メートルの大ジャンプで優勝に大きく近づいた。船木も続いて金メダルをつかみ取った。原田の「ふなき~ふなき~」という祈りの表情や、インタビューでの号泣は、日本中を感動の渦に巻き込んだ。

(続く)

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー