[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

稲見萌寧、今年6勝目へ2位発進 五輪レース佳境も平常心「どこ見ていいかわからない」

女子ゴルフの国内ツアー・宮里藍サントリーレディスは10日、兵庫・六甲国際GC(6517ヤード、パー72)で開幕。今年13戦5勝の稲見萌寧(都築電気)が6バーディー、ノーボギーの66。6アンダーで首位の比嘉真美子(TOYO TIRE)に2打差の2位と好発進を決めた。

首位に2打差2位の位置にいる稲見萌寧【写真:Getty Images】
首位に2打差2位の位置にいる稲見萌寧【写真:Getty Images】

宮里藍サントリーレディス初日

 女子ゴルフの国内ツアー・宮里藍サントリーレディスは10日、兵庫・六甲国際GC(6517ヤード、パー72)で開幕。今年13戦5勝の稲見萌寧(都築電気)が6バーディー、ノーボギーの66。6アンダーで首位の比嘉真美子(TOYO TIRE)に2打差の2位と好発進を決めた。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 相変わらず好調だ。稲見はアウトスタートの4番で50センチにピタリとつけてバーディー先行。8番でも右奥2メートルに乗せて前半で2つ伸ばすと、インに入った後半は4バーディー。6アンダーで初日を終えた。

 ホールアウト後は「前半はドライバーが荒れてフェアウェーから打つ回数が少なくて、チャンスが少なかった。その中でもアプローチとかでパーを拾ったりできた。後半はティーショットが良くなったので、フェアウェーから打てたのが大きかった」と振り返った。

 前週はツアー出場を見送り休養に当てたが、練習中のショットは大荒れだったという。「先週はあまりにもひどくて、怖くて打てなくなるくらいのミスが続いていた。これは本格的にやばいとコーチとも話していました。テークバックからトップまで気持ち悪い。切り返しもインパクトも気持ち悪い。その前の週のリゾートトラストは練習場も傾斜地で、それも残っていて崩れてしまったかなと」と分析する。

 ショットが左右に曲がり、トップもダフリも出たという。「OBもありました」と振り返るほどだが、試合へ向けて立て直すのだからさすがだ。

 今月末に決まる東京五輪代表入りを目指す21歳。出場2枠は今月末の世界ランキングに基づく五輪ランキングで決まる。現在、世界ランク26位で日本勢2番手につける稲見だが本人は至って平常心だ。「誰かに言われて気付くとか、どこを調べて見ていいのかもよくわからない。(日本勢で)何番手になったねと教えてもらって、そうなんだねという感じ」と笑う。

 今大会で勝ち、今年6勝目、今季7勝目を手にすれば五輪代表の座は大きく近づく。2日目以降へ向けて「明日も少しでもスコアを伸ばして、上位で戦えたらいいなと」といつも通り気を引き締めていた。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集